見出し画像

もう広告を出すのをやめようと思った

僕は独立してからずっと店舗デザイン.comというサイトに登録していて、登録料を毎月払っている。金額は選べるコースで変わるのだけれど、そこまで広告費をかけたくないのもあり毎月1万円の最低スペックのやつだ。

実際のところそこ経由の大切な仕事も何本かとれているので、この月額1万円はまったくの無駄ではない。無駄ではないんだけれど、実はもう広告を出すのをやめようかと思っている。

理由は単純で、店舗デザイン.comに来るお客さんはある意味でリテラシーの低めの人が多いからだ。


逆の立場で考える

あなたがお店を出そうと思った時に取れる選択肢は大きく3つある。

1.設計施工会社に依頼
設計デザインから工事まで頼む

2.デザイナーやデザイン会社に依頼
工事は別途発注

3.ぜんぶ自分で手配する

1.設計施工会社に依頼
設計デザインから工事まで頼む
(デザイン△  時間◯  コスト△)

一番わかりやすいパターン。こんな感じで、こんな設備で、と打ち合わせをして設計と施工が一式のパッケージ価格で依頼する。スピードは早いが、工事費が割高になりがち。

また、自社の施工の得意分野に寄った設計内容になりがちであり、フレキシブルさに欠ける事もある。とはいえ全部おまかせして商品開発やPRに時間作れる利点もある。


2.デザイナーやデザイン会社に依頼
工事は別途発注
(デザイン◯  時間△  コスト◯)
僕の仕事はここ。二人三脚でキメの細かい対応と、デザインの自由度やDIYまで対応可能な幅の広さが売り。反面、施工業者選定などタイムラグも生まれるのでスピード感では1に負ける。

ただし複数業者に見積もりをとる等が可能なので、コスト面では融通が効く。属人的スキルでありフィットするデザイナーと出会えるかが全てを決めるので、マッチすれば最高のお店になり、人選しくじるとお互い地獄を見る。


3.ぜんぶ自分で手配する
(デザイン?  時間×  コスト◎)
どこまでやるか、自分でどこまでデザインできるか、DIYがどれくらい得意かで大きく変わる。でも、やれる人はこれが一番安く済む。ただしスケジュール面では手戻りも多く時間をガッツリ持っていかれがちで、良くも悪くもすべて自分の腕と知識とコネ次第になる。


さて、僕が登録しているサイトに来てデザイナーを選んだり、公募案件を登録してデザイン会社にエントリー募集をするのはどんな人なのだろうか?

少なくとも(3)ではない。

(1)か(2)で迷う人、そしてデザイン会社やデザイナーのツテや知識がなく、選べない人だろう。


依頼フローを想像してみる

顧客視点で追想してみよう。

まず、お店を作ろうと計画が進み、具体的に事業計画を練り始め、融資の段取りなどを組む。

さぁ設計図面を揃えて見積もりを取らねば、となってどこに頼めばいいのかわからない。

そこでWEBで検索する。

「店舗、設計、デザイン、東京」こんな感じか?

で、上に出て来た店舗デザイン.comを開いてみてみる。

・・・・うん、デザイン会社が多すぎて選べない。。。

仕方ない、公募案件にしよう。

おそらく、こういうフローなんだろう。

そうなると考えられるのは2つ。

①デザイナーを探すツテがない
これはつまり、デザイン会社による営業をほぼ受けていない事になる。初出店、かつ小資本、実績なしか修行からの独立パターンが多いだろう。

②デザイン会社を選べない
公募案件にする理由はこれだろう。これが問題だ。自分で見て気に入った会社に相談するのではなく、広く募集をかける。それはつまり、デザイン会社を自分の目で見て決めて選ぶ自信がない=選ぶリテラシーがないという事を意味する。


もちろん、マッチングされてうまくいけば仕事になる。

でも、そもそもの段階でこのマッチングではデザイナーに対しての期待値が不透明なまんま進むことになる。

そういう意味では、もっとtoBの営業を強化しつつ、toCであれば本当に僕に依頼したいという人の相談にちゃんと乗っていくスタイルにしようと思う。

自分のお店もできたし、なかなか時間も取れなくなってくる、

一個一個の仕事の質をひたすら磨き上げて、より高く買ってくれる人、より僕のことを必要としてくれる人の期待に応えていきたい。

ECサイトの会社さんがモール出店をやめるのに似ているような気もするこの問題。サンクコストを考えると決断がのびのびになるので、おそらく今が決めどきなんだろう。

思い切って広告、やめてみよう。

こういう決断って後回しにしがちですよね?
「♡」を押すと、明日の更新の予告が出ます。
オマケのある時はたまにオマケ予告も出ます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートでnote内のクリエーターさんを応援!毎月末イチオシの新人さんを勝手に表彰&1000円サポート中🎉 あとはサポートでお酒や甘味で妻や娘のゴキゲンをとります。 twitterは @OFFRECO1 Instagramは @offreco_designfarm

明日の話は「いつかこれで食べていければいい、って本気?」
53

ヤマシタ マサトシ

お店を作ったりお店を運営したり、モノを書いたり喋ったり、コンサルしたりする人。OFFRECO代表。秘密のお店 awai.tokyo オーナー。 デザイン論からグルメ・育児ネタまで。地黒で腹黒な毒舌家ですが好物は糖分です。 https://www.offreco.net

○○年前の自分へのアドバイス

店舗設計を仕事にして10年超え。就職、独立、結婚、育児。人生中盤スタート地点、キャリアも中堅を迎えた今だからこそ伝えたい、昔の自分へのアドバイス。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。