見出し画像

3000フォロワーを目指してた僕が立ち止まって気づいた本当に大切なこと

去年の3月に1年間の毎日更新を目標に立てて、その時に1年後=つまり今年の3月までにフォロワー3000人という目標も立てたんですね。

で、結果的には365日更新に届く前の315日くらいで挫折しまして、おまけに精神的にも落ち込んでそこからパタリと2ヶ月ほどSNSを一切見ずに引きこもってました。

フォロワー数的には目標未達の2000人止まりだったので、有言実行もできずに道半ばで倒れた感じの残念賞。でも、言い訳ではなく倒れたことによって気づけた本当に大切なことがあるんです。今日はそれを伝えさせてください。


関係性は数より質

SNSを始めると誰でも最初はフォロー0 フォロワー0のスタートです。登録したてはアイコンすらデフォルトで、アイコンに顔写真やら何やら設定して、プロフィール文いれて、さてどんなもんかな?とフォローする人を探したり友人知人をフォローしてみたり。

そうこうすると今度はちらほらとフォローしてくれる人も出てきて、まぁだいたいフォロー30〜50人、フォロワー10〜30人とかになる。

でも色々と読んだり見たりしていると、フォロー100人くらいなのにフォロワー数千人とか数万人の人がいて、そういう人たちの発信する情報はすごく濃かったりして驚くわけです。で、比較してなんだかみじめな気持ちになる。

まぁね、逆に全然たいしたことしてないのになぜかフォロワーがすごくいるし反応もめっちゃある何これサクラ?って思っちゃうアカウントもあるんだけどさ。

でも、1年やってみて思ったのはね、本質はどこにあるのか?ってところが大事なんだと思うんですよ。


何が目標なのか?

僕がSNSを始めたのはぶっちゃけ仕事の営業を自動化したかったんですよ。一人会社のフリーランスなので、経理も営業も企画も開発も製作も販売もぜ〜んぶ自分。当然、一人の時間は一日24時間しかないし、寝なきゃ死んじゃうから全部を満足にはできない。

それでも独身の時は気ままに徹夜を連発とか、夜中まで飲み歩くとかできていたけど、結婚して娘も生まれてそうも言っていられない。この小さな娘たちが、まぁ自分で食っていけるところまでは送り出してやらねばならぬ。となると、いまの働き方ではダメだなと。

なので、SNSでは仕事をとるのが目標でした。その為に立てた目標がtwitterとnoteフォロワー3000人。まぁそんくらい行けば仕事来るんじゃない?という超ざっくりな甘い目算。


仕事のオファーにフォロワー数は無関係

結果、どうだったかって?仕事きましたよ、2件。僕の仕事は店舗設計で1件あたり数十万円〜の重めのやつなので、そういう意味ではご新規で2件も来れば充分な成果。きっと続ければもっと増やせるだろうし。

でもね、これ2件ともtwitterでもnoteでもないルートなんです。相互フォローどころかフォロワー関係ですらない。

どこからきたと思います?

正解は、Instagram経由です。

で、上の見て欲しいんですけど、僕はInstagramまぁボチボチやってますが111フォローで280フォロワーとぶっちゃけ露出ほぼない人なんですよ。フォロワーさん増えなくて悩んでます。でもニッチなビジネス領域で2件もオファーがきた。

つまりね、業種や業態にもよるけれど「仕事のオファーにフォロワー数はほぼ無関係」ってことです。

どっちかというとちゃんと実績がまとまっているかとか、そっちのが大事みたいです。クライアントさんに経緯ヒアリングしたら2件とも Instagram検索で見かける → 公式WEBサイトを見る って流れでしたもん。


数は結果、追ってはいけない

こういうこともあったので、フォロワー増えないとか悩んでいるのがバカバカしくなったんです。数字は数字で本質はそこにはないって。

そりゃまぁ指標としては大事なんだけれど、チラ見くらいがちょうどいい。

フォロワー数じゃなくて、アウトプットするもの自体の精度を上げるのに尽力すれば、埋もれることなくわかる人にはわかってもらえる。

クリエイティブ職だからこそ、成果物のレベルを磨き上げることが一番の営業になるという当たり前のことに戻ってきました。


思考と行動のバランスが大事

それに思考と行動はセットで初めてバランスするから、twitterでつぶやいたりnote書いたりと現実の行動(製作や生活)は熱量や質量をバランスさせる必要があります。現実だけでも爆発力に欠けるし、SNSだけでも閉じた輪の中でグルグル回ることになる。

だからSNSはそうした自分の思考の壁打ちのような場所として使いつつ、同じだったら共感して、違かったら違和感や刺激をもらって、最終的に自分のQOLを上げるための装置として使うのがいいねってなりました。



誰が助けてくれるのか?

ちなみに3000目指して挫折した僕は今フォロワーさん2200くらいなんですけど、その割に結構スキがもらえるんですね。

まぁ、朝ドラ的な感じで毎日更新してるし見に行ってみるかなって感じだと思うのですが、挫折して2ヶ月中断したら普通はもうこの人は戻らないかな?って思うじゃないですか。

でも2ヶ月ぶりに再会した時の「おまたせしました」って言うnoteがすごいスキが一気にもらえたんですよ。200近く。これ僕のnoteの中でベスト5に入るんです。

フォロワー比率で言うと10%くらいのリアクションって、アクティブ率の高さがすごいんですよ。本当にありがたい。弱っていた心に沁みました。

それとともに、3000って数字目標を立ててそれを追いかけてた気持ちがフワッと消えました。大事なのはそこじゃないなって。

こんなに待っていてくれて、おかえりって言ってくれる人がいるんだったら、まずそこ大事にしようよと反省しました。


まぁ、SNS論考とか攻略思考・戦略思考は誰かの役に立つ気もしますし、せっかくの得意技の一つなのでファクトベースの仮説なんかはちょいちょい書いていきますが、もうフォロワー数を追うのはやめます。

もともとフォロワー数の増やし方のnote売るのとかは見ていてもなんか嫌でしたしね。買ってみたこともあるけど、結局それって本質じゃなくて上部だけをなぞる情報のネズミ講だなって思っちゃったので。

そんなわけで、大事なことに気づいたので、もうちょい足元みてのんびりやって行こうと思います。とにかく仕事の精度をあげるぞー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートでnote内のクリエーターさんを応援!毎月末イチオシの新人さんを勝手に表彰&1000円サポート中🎉 あとはサポートでお酒や甘味で妻や娘のゴキゲンをとります。 twitterは @OFFRECO1 Instagramは @offreco_designfarm

明日の話は「木更津パン屋開業記」
118

ヤマシタ マサトシ

お店を作ったりお店を運営したり、モノを書いたり喋ったり、コンサルしたりする人。OFFRECO代表。秘密のお店 awai.tokyo オーナー。 デザイン論からグルメ・育児ネタまで。地黒で腹黒な毒舌家ですが好物は糖分です。 https://www.offreco.net

○○年前の自分へのアドバイス

店舗設計を仕事にして10年超え。就職、独立、結婚、育児。人生中盤スタート地点、キャリアも中堅を迎えた今だからこそ伝えたい、昔の自分へのアドバイス。
6つ のマガジンに含まれています

コメント3件

似たようなことを悩んでいたので、グッときました!感謝です
>ゆめちゃさん
フォロワー数が伸びないなぁ・・・と思いがちですが、すでに1人でもファンがついてくれているなら、ひたすらそこを大事にしていれば自然と伸びるのかもしれません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。