見出し画像

Ofuse使い方:ファン編

既にOfuseをご存知の方は、いつもお世話になります。

初めての方は、初めましてOfuse運営です。

Ofuseは2019年3月25日に1年を迎えました。

上記の手紙でも取り上げている通り、立ち上げから1年がたった現在のユーザ数は1万人を超え、クリエイターに送られたファンレター数は1,000通以上にも及びます。

しかし、実際にユーザ登録して頂いたクリエイターのファンの方々から使い方は分からないという問い合わせも少なからず頂きました。(本当に申し訳御座いません。)

そこで私共はこのブログを通じて、ファンの方々にOfuseというサービスの特徴を知って頂く / Ofuseを抵抗感なくご活用頂く / 推しクリエイターにOfuseを勧められるようになるよう文章を綴っていきたいと思います。

【Ofuseの紹介】

そもそもOfuseとは何なのか、、

Ofuseはファンレターと共に投げ銭を送る(受け取る)ことができるサービスです。そして、それらを受け取るためにクリエイターが開設した箱を"Ofuse箱"と呼んでいます。

Ofuse の特徴は、、

Ofuseの特徴は2点あります。1点目は月額支援をするサービスではない。2点目はお返しが無い。Ofuseはあくまでもファンレターという一方的に愛を伝えるサービスなため、クリエイターはそのファンレターに返信することが必須ではありません。(返信は任意とさせて頂いております。)そのため、クリエイターの方々に負担をかけず応援ができます。

【Ofuseの使い方】

1. 推しクリエイターがOfuse箱を開設したことを知る。

      まず、Twitterのタイムライン上、作品投稿サイトなどで推しの作家さんのリンクを探します。Ofuse箱を開設してくれていることを祈りましょう。リンクを書いていないけれどOfuse箱を開設しているクリエイターさんもたまにいるので、リンクが見つからない場合は聞いてみるのも手です。

2. Ofuse箱URLを見つけたらリンクにアクセス!!

 Ofuseリンクを見つけたらすかさずクリック! 作家さんのアカウントを確認しましょう。贈りたい言葉と金額を思い浮かべながらOfuse箱をクリック!

3.金額を入力し、思いの丈を書き綴る!!

 送る金額を入力した後はファンレターの入力です! 

送ることのできる文字数は、額面の半分になります(1文字2円)。入力可能文字数分、思いの丈を書き綴りましょう。足りなかったら金額入力に戻って追加しましょう。もちろん、特に言いたいことがうまく言葉にできない! 入れた金額よりも言いたい文字数の方が少ない! という場合でも問題ありません。最低1文字を入力すれば作家さんに送信することができます。また、絵文字にも対応しているので(絵文字は4円)言葉すら出て来なくても思いのままの心情を送ることも可能です!😄👊🙏

*クレジットカード情報は決済会社が管理しているためご安心下さい!

 さて、ファンのOfuse使用方法は以上となります。ここで一番重要なのは、推しのクリエイターさんがOfuseに登録してくれているかどうかです。もしもOfuseしたいクリエイターさんが登録していなかった場合、作家さんに「Ofuse登録してくれませんか!」というもよし、運営に「この人を勧誘してください!」とこちら(https://forms.gle/1NK29Kx2AtAXxMxC9)に書き込むもよし、運営に言ってくださった場合は運営が頑張って作家さんにコンタクトを取ります!

 みんなで直接推しに課金の輪を広げましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Ofuse運営

ファンレターと共に投げ銭を受け取れる(送れる)サービス「Ofuse-オフセ-」を運営中。ここではOfuseの使い方や運営を通して感じたことを書いていきます。クリエイターとファンの方々の活動が今より豊かになるよう一つひとつを形にしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。