見出し画像

グラフィックデザインで作ったデータは、その作った人のDNAとかそんな感じのものと一緒だなと感じた話。

長いことグラフィックデザインという仕事をやっていると、(何気に かれこれ 10数年…!笑)

誰かの作ったデータをいじる機会が たま〜にあります。

「作ったデータ」は、その作った人の「DNA」とか、そんな感じのものと、同じようなものでして… 笑

データを覗いてみると…

面白いことに、その方の腕前(スキル、レベル)や性格だとかが わかったりします。(ベテランさんなんかのデータだったりすると、この方すげぇ〜! …となったりします。)

「作ったデータ(デザイン)」には、人それぞれ、 若干の「癖」が 入りますので、

使うフォントや、色味(好みなどではなく、設定する色の数値)とか、文字の間隔だとか、全体のバランス間隔だとか、

変更する前提で作られている作りのデータ(デザイン)だったり、芸の細かさだったりで、そのひとの性格なんかが読み取れたりします。笑

そもそもの、そのフォントを買ったり、ゲットしたりする経緯なども含めて、

感覚的に 近い方なのかも!と思って見たり、

ちょっと面白いです。笑

不思議と、その使っている「フォント」を、一発で見つけられたりする事があったりもします。

(すごい⇧変なこと考えながら、人のデータを覗いてるんです 笑)

覗いているつもりはないのですが、いじっていると、そういう映像が脳裏へ勝手に流れてくるのです☆(・∀・)

この方、A型かなー? B型かも?! なんて、勝手に…。笑

人のデータから、学べる技術もあったりします。笑

これらは、データではなくて、もちろん印刷物からも読み取れるものではあるのですが、

1pt(ポイント)という0.35mm 単位で、右へ左へ試行錯誤するデータの世界の中では、よりそれが 鮮明に現れます。

世界のどこかに、データドッペルゲンガー的な方がいるかもしれない。

そんな、斜め裏目線な 右脳デザイナー太田の「グラフィックデザインで作ったデータは、その作った人のDNAとかそんな感じのものと一緒だな」と感じたお話。でした☆





4

OG-chanz

完全右脳型グラフィックデザイナーです http://og-chanz.com/

完全右脳型デザイナー太田が斜めから物事を考え直感を鍛える話。

完全右脳型デザイナーの太田が、斜めから物事を見ての直感を鍛える話をする。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。