恐怖を感じなくなるかもしれないジェットコースターの乗り方の話をする。

先日お会いした方が、

「この前、ジェットコースターに乗ってみたけど
やっぱりダメだった〜!」

と、いうお話をされていたので、

太田が、

「恐怖を感じなくなるかもしれないジェットコースターの乗り方」を

提案してみました。

この提案の、ヒントになったのが、

呼吸法で痛みを受け入れる「ソフロロジー」という「出産方法」。

そう、

まさかの「出産方法」を
「恐怖を感じなくなるかもしれないジェットコースターの乗り方」のヒントにしてみました。

ソフロロジー式分娩法とは、フランスで始められ、ヨーロッパでは主流になっている分娩方法なんだそうです。

(って、今、ちゃんと調べたんですけどね!笑)

太田、普段から、基本、物事を徹底的に調べないで、キャッチコピーとか、説明文の一部分で、全体の内容をだいたい予測して理解したつもりになって、満足してるタイプです!

(これ、向かない人、いっぱいいると思います!笑 向かない人はそうならなくていいと思いますし、そうなっちゃいけないと思います!笑 世の中がダメになるから!笑)

と、それは、置いといて…

この「ソフロロジー式分娩法」というのが、「陣痛」を赤ちゃんに会える!というポジティブなものに捉え、痛みを受け入れることで、陣痛を緩和し、安定した呼吸で赤ちゃんに十分な酸素を送り、自然に赤ちゃんがでてくるのを待つ。

というもの。

これ、一昨年、3回目といえど、陣痛にビビっていた自分が、いろいろと調べていて、たまたまパッ!と見つけたもので、

太田、実際に、出産の時、これ、試してみました。

で、どうだったかというと…、

感想としては「楽だった…。(かも。)」←


(かも。)というのは、一回目と、二回目と、三回目では、

自分の余裕度が 全然違うよね !? というところを考慮しての感想!笑

曖昧さ回避で、曖昧な感想になりました。笑

本題です!笑

この「痛みを受け入れることで、陣痛を緩和…」という部分に着目したんですね。

つまり…
これをジェットコースターに置き換えると、

ジェットコースター(陣痛)に「乗せられる」んじゃなく、

乗ってやれ…。(ポジティブに受け入れる)

    ⇩

「いや、むしろこのジェットコースター俺が運転しちゃってるからね!!!」(超ポジティブに受け入れて むしろ楽しんじゃうから!)

となります。

「乗せられる」から、心が抵抗するから、

その「抵抗」こそが、=「恐怖」となっているのではないか!?

太田は、そう思ったのです。

と、先日、この話を、別の人にも話したところ、
岡 ◯子
「あー。運転してると酔わないのと一緒 みたいな。(冷静)」

と。そうそう、それもそうだしさ!ね?

で、これもですね、太田、実際に、試してみました。

これはですね!!

めっちゃ大正解でした!!! 

ちょー楽しい!!!

ジェットコースターを運転してる気分になれます!

自由に空を飛んでる気分になります!!
(実際はレール上のルートしか飛べてないですが…)

コツは、「心からポジティブに受け入れ、ジェットコースターを運転しちゃってる気分」で乗ることです!

ぜひ、お試しあれ〜♡
信じるか、信じないかは、あなた次第でーす☆\(^o^)/

4

OG-chanz

完全右脳型グラフィックデザイナーです http://og-chanz.com/

完全右脳型デザイナー太田が斜めから物事を考え直感を鍛える話。

完全右脳型デザイナーの太田が、斜めから物事を見ての直感を鍛える話をする。

コメント8件

斎藤さん みんなの有料記事が気になって仕方ないですー!笑ジェットコースターなんて乗んなくても一生困りませんからねー!⇦笑
スタート時からのヘビーユーザーさんも、いちいちコメント返信先を手打ちしてるから、返信機能は無いと思われます。めんどうですよねー。
なんと!そうなんですね!笑
それはそれで解決!笑
モヤモヤが消えてスッキリしました!
ありがとうございます!\(^o^)/笑
さすが美佳子さん\(^o^)/!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。