小川克彦

大学を卒業しNTT研究所に29年、慶應義塾大学に12年つとめて、来年3月に定年。最終講義をやってよ、といろんな人から言われるけど、何を話そうか。今さら仕事の話はやめよう。私の好奇心をかきたてた趣味の実践話はどうか。「ものは考えよう」というタイトルで最終講義ノートを作ろう!

ものは考えようーローヌ氷河に京浜急行!?

色気たっぷりのローヌ氷河に誘惑されてしまった!

遠くから白く見えるが、氷河が溶けて流れる水は灰色がかった緑と青の中間色で、トルコ石の色に近いのでターコイズブルーと呼ばれるそうだ。このローヌ氷河を水源とするのがローヌ川で、レマン湖を経てリヨンを通り遠く地中海まで約800kmの旅を続ける。そんな感慨に浸りながら氷河を眺めたのが、初めて海外を訪れた1980年のことだった。

もっとも氷河を見るためにス

もっとみる

ものは考えよう-趣味人の発想だけど、サービス開発も「電車でGO!!」

NTT研究所には本物の電車と同じ大きさの模型があった。車内広告を紙からディスプレイにして広告やニュースを表示する。駅に配置したWiFiからコンテンツ映像を電車に送る・・・なんてサービスを開発してデモするために、電車の模型を作ったのが2001年。2015年に登場したE235系と同じコンセプト(もちろんE235系の方がずっとカッコいいけど)。

「JRでもないのに、こんな電車なんか作っちゃって」

もっとみる

ものは考えよう-ディズニーランドはブロードバンドの夜明け!と言ってみたかった

スターウォーズのキャラクターがそろって決めポーズをしている。これはフロリダのディズニーワールドにあるハリウッド・スタジオの屋外舞台。映画から飛び出してきたキャラクターたちが演技をするのであるが、何といって舞台は真っ青な空に灼熱の太陽、そしてたまにスコールがあるフロリダだ。スターウォーズ大好きの私でも、しばらく見ていると偽物っぽく見えてくる。

ディズニーにはミッキーやドナルドといったキャラクターが

もっとみる

ものは考えよう-技術屋だったら、SF映画で夢見たことを実現してみたいと思うはず

左の写真は1996年にNTT研究所が試作した腕時計電話だ。携帯電話の一つの方式だったPHS(Personal Handy-phone System)を使っていたので「腕P」という愛称になった。1998年の長野オリンピックでも使ってもらった。その頃から毎日のように腕Pをはめて仕事をしていたのだけど、会う人が珍しげに見てくれ、最後の決め台詞は「試作品だから1台500万円だよ!」というとみんな目を丸くし

もっとみる

ものは考えよう-この大学では「変人」と呼ばれると、それは誉め言葉である

「民営化しなかったら、君はこの会社では生きていけないよ」と、気の合わないNTTの上司から言われたことがある。今でもその意味はよく分からないが、この会社に合っていない自分がとても嬉しかった(それでも29年いた)。「変わってますね」と、人からよく言われるけど、私は変人と呼ばれるほど素晴らしくはない。

変人というのは、マイルス・デイヴィスのような人だ。映画「死刑台のエレベータ」から聴こえるクールなトラ

もっとみる

ものは考えよう-大学でATGを学んではどうか

ATGって何だ?アマゾンとツイッターとグーグルのことだと思うかもしれない。でも、実は「明るく楽しく元気よく」のことである。私のモットーだ。

企業の研究所から大学に転職したのが12年前。研究はまあプロなんだけど、教育になるとからっきしダメで、そこで考えたのがこのATGだった。大学のときの家庭教師で、与えられた問題を解きながらつまらなそうにしている生徒を前に、自分自身もつまらなくて辞めてしまったとい

もっとみる