「牡蠣食べたい」処罰と経緯について

Dotaまらカップに参加してくれている、視聴してくれている、応援してくれている皆さん。
こんにちは。
まらカップ主催のマラさんです。

この度まらカップの準決勝にコマを進めています「牡蠣食べたい」に対する処罰や経緯についてご報告したいと思います。

初めに、まらカップはお祭りとして始まりました。
まらカップ以降も、私が開催するイベントはいつもお祭りと題しています。
私は世界中のゲーマーが大好きだし、私のイベントには初心者から上級者、様々な国籍入り乱れて盛り上がって欲しいと常々思い、考えています。

そこで敢えて私の開催する大会ではエントリーを簡略化したり、英語でのやり取りを英語のできるスタッフに協力してもらいながらやったりしていました。
しかし、いくらコミュニティ大会だからと言っても、まらカップの価値がみなさんのおかげで上がってきており、半端なことはできない規模まで来ていることを痛感しています。

今回の処罰に関しましても、私個人の気持ちとしてはとても重いものであり、心痛むものです。しかし今後の大会やイベントにつながるよう、公開しておりますルールにのっとり、処罰を決定いたしました。

大会運営は簡単ではありません。
多くのスタッフの時間を使い、身銭を切り、騒動があった際は胸が締め付けられます。
それでも大会が盛り上がり、優勝したチームの笑顔や、我が家の牡蠣を食べてくれた人の感想をが目に、耳に入った時に全てが消し飛びやってよかったと思えます。
なのでこれからもまらカップやイベントを続けたい。
続けるためには、協力してくれるスタッフや、参加者の皆さんの為にも、ルールの見直しや、エントリーの必要情報や工数を増やしていきたいと考えています。

ただでさえ人口の少ない日本Dota2シーン。
今回の一件と処罰が日本の皆さんや、留学生の皆さんにどう映るか分かりませんが、これからもみんなで日本のDota2シーンを盛り上げるためにLove&Peaceでお付き合いいただけますと幸いです。

それでは前置きが長くなりましたが、以下今回の経緯と処罰についてです。

=================================

留学生チーム「牡蠣食べたい」が1回戦を勝利する

勝ちチームには勝利時のスクリーンショットを大会Discordにあげるというルールがある

「牡蠣食べたい」があげたスクリーンショットに表示されているPingが152と表示されている



これを見た参加者から「牡蠣食べたい」は日本にいるのかと質問が多く寄せられる

運営が「牡蠣食べたい」メンバー5人のDota2内のコンソールでPingチェックを行う



日本からの接続許容範囲内だと運営で判断し、次の試合に進む

「牡蠣食べたい」が準決勝へ駒を進める

多数の参加者や視聴者から、「牡蠣食べたい」のAoko選手のDotabuff等から最近中国サーバーでプレイしていることなどを理由にしっかり日本在住か確認してほしいとの連絡が入る

https://www.dotabuff.com/players/101908305


運営側から「牡蠣食べたい」に連絡を取り、「牡蠣食べたい」にも許可とご理解いただき
・日本在住が証明できる顔入りの画像
・日本で使用している電話番号
・広島まで来る際の住所やルート
の3点を前もって共有いただく話になる

上記情報の共有待ちの間に参加者からAoko選手がGintokiという名前で中国チームのプロとして活動しており、現在八百長問題でDota2 Professional League等の大会へのBAN期間中だとの連絡が入る

https://liquipedia.net/dota2/Gintoki

ルールに記載している
2.3  不適切なプレイヤーの参加登録について
過去に禁止行為もしくは不適切な行いをしたプレイヤーに関して運営者は登録を取り消すことができる
に触れているのではと指摘を受ける

Aoko選手含む「牡蠣食べたい」のメンバーに確認

Aoko選手も他メンバーもこのことを事実だと認める
が、主犯ではなく巻き込まれたもの、チーム単位でのBANなのでチームを抜けたいまは関係ないとの主張がある

運営で海外サイトなどを確認しながら協議

主犯ではないが主犯は永久BAN、同チームに所属したAoko選手含む3名は2年間のBAN期間だと見受けられた


==================================

以上の経緯から、
2.2 キャプテンについて
キャプテンは、以下の項目を全て満たさなければならない
チームに対する全ての責任を持つ
VAC(Valve Anti-Cheat System)によって禁止された事がない
管理者と日本語で意思疎通できる
2.3  不適切なプレイヤーの参加登録について
過去に禁止行為もしくは不適切な行いをしたプレイヤーに関して運営者は登録を取り消すことができる

の2つのルールにのっとり、「牡蠣食べたい」を本大会から失格処分とする。

という判断に至りました。
これをもって、「牡蠣食べたい」に敗れた
・Irusu Gaming
・DETONATION FOCUS 優

を復活し、2チームの準決勝進出をかけた試合を行います。
日程はこの記事以降に調整しますので、発表をお待ちください。

冒頭にも書きましたが、これ以後の私が主催する大会やイベントでは登録時に必要な情報が多くなると思いますが、どうか、どうかまらカップを、日本のDotaシーンを今後ともよろしくお願いいたします。

まらカップ主催 マラさん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

24

小笠原 まら (ENLIFE)

岡山県の牡蠣漁師。ENLIFEというゲームイベント団体の代表をしています。地方産業でひしひしと感じる事や、ゲームについての発信がメインになると思います。Twitter:@maradota2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。