小川貴史(効果検証デザイナー/マーケター)

広告、UXデザイン、PRなど、企業のコミュニケーション全般を支援。効果検証の為の数理モデル活用や因果推論などの分析デザインを正しく行う支援が得意。著書「Excleでできるデータドリブン・マーケティング」(『統計学が最強の学問である』西内啓氏推薦)株式会社カーツメディアワークス所属

データ分析を学べばマーケターの年収上げられる説

本noteでお伝えしたいことを要約すると、

データ分析を漠然と学ぶだけでは、市場価値や年収を上げるのは難しい、しかし、分析を活かして自分はどんなマーケターになるのか?ビジョンを明確にして学ぶことでれば、それを叶えることが出来るはず、という考えです。言わば「(自身がなるべき像を明確にして)データ分析を学べば年収上げられる説」です。

私はデータ分析の書籍を出版してから、様々なマーケターの方からデー

もっとみる

食品スーパー「サミット」を復活させたマーケティング改革、記者会見での男泣きの理由とは?

かつて、スーパーでは当日売れ残りの生前食品を翌日付けとウソをつき、梱包し直すリパックという行為が当たり前に行われていたそうです。こんなことがまかり通っていたかと思うと、ゾっとしますよね。。。

社会派映画「スーパーの女」は、業界のタブーとなっていたリパックに斬りこみ、作中で舞台となっていたスーパーがその悪習を辞めるシーンが描かれています。作品のモデルとなった客にウソをつかない正直なスーパーが住友商

もっとみる

タバコと無意識のSNS閲覧を辞めた結果

結果

このnoteは私自身を標本とし、なぜ辞めたのか?その理由と結果から考察を整理しアウトプットしたものであり、働き方や生産性に対しての気づきを共有するためのものです。結果は皆さまお察しの通りだと思いますが、辞めて調子良いです。タバコを辞めたことで金銭(お小遣い)面、精神面で余裕が生まれました。無意識にSNSを見るのを辞めてから、時間的な余裕から集中力が上がり、労働生産性が高まり、家族との時間な

もっとみる

マーケティング施策の効果検証において「指名検索数」が重要な指標になるワケ

TVCMなど、マーケティングにおけるコミュニケーション施策の効果を定量的に把握する為のアプローチとしてマーケティングミックスモデリング(以下「MMM」)という手法があります。

数理モデルや仮想現実のシミュレーションによっ て効果を定量化するものです。MMMは同時に実施している複数の施策の効果を定量化する時に特に役立ちます。Webマーケティングの発展に伴い、課題となっているのはTVCMによるEC売

もっとみる

指名検索が多い映画は興行収入も多い説(映画編)

(注)本noteは筆者以外の特定の企業や団体のプロモーションを目的としておりません。(筆者が出版した効果検証に用いるデータ分析を学ぶ書籍をマーケター向けに紹介する意図はございます。)

自己紹介と本note執筆目的

効果検証デザイナーの小川貴史と申します。電通グループなどの広告会社やデジタルマーケティングコンサルのネットイヤーグループでインターネット広告、マス広告、UXデザイン、PR、データ分析

もっとみる