驚くほど簡単な「手」の描き方

ウチの学校でもそうだけれど、志望者さんって「手」を描くのが苦手な人が多く、つい構図でも手が見えないようにしたりする人が本当に多いです。

ステマはさておきw今回は私が発明した誰でも確実に手を簡単に早く描ける手法についてレクチャーします。レクチャーと言ってもそんな大したものではありません。

実際に本を持った自分の手を撮影してトレスするだけです!!

使用しているのはロジクール製のWEBカメラ 1.3メガピクセルです。

ある程度の解像度がないとまともにトレス出来ません。

付属のソフトウェアにはミラー機能やセルフタイマーなどがついております。

ミラー機能を使えば鏡の前でポーズを付ける感覚で確認できますし、セルフタイマー機能を使えば両手を使うポーズも撮影できます。

この手法ならかなり複雑な手の表現をいとも簡単にすることができます。

この絵の場合は実際に服をまくりあげてますw

この手法が優れている点は下描きが不要なこと!!

もちろんアレンジは必要です。私の場合は元々指が細いので大きく修正してはいませんが、女性の場合はやはり細目に”女性らしく”アレンジしております。(この子は男の娘ですがw)

写真を使っても不自然なものは不自然なのでその不自然さを見極める事も必要ですし、全ての「手」にこの手法を使うと今度は逆に時間がかかってしまうので自分でも描けるようになっておく必要はあると思います。

把握しづらかったり複雑な両手の組み合わせなどにこの手法はかなり役立ちます。

なお今回使った画像は・・・

ジャンププラスで連載中のマンガ学校マンガ「ラフダイヤモンド」コミックス2巻は3月4日発売!

http://plus.shonenjump.com/rensai_detail.html?item_cd=SHSA_JP01PLUS00000581_57

嬉しい事にプロ作家様や志望者様から「元気をもらった。原稿を描きたくなった」とのお声を頂いております。(順不同)その節はありがとうございました!他にも頂いております。

洋介犬先生はブログにも書いてくださいました!http://ameblo.jp/yohsuken/entry-11990638501.html

私自身が連載しながら講師活動もしているため、その経験をいかしております。この他にも役に立つことや指針が描かれているはずです。

ツイッター上でもこんな記事を書いています。マンガ学科講師で思った事や体験したことを呟いていきますのでよろしければ御フォローくださいませ。

このテキストもぶっちゃけ無償で宣伝の為に書いておりますゆえ、よければ下記ツイートなど拡散協力のほどをよろしくお願いします。m(_ _)m

https://twitter.com/ogatatei/status/569385836497645568

課題「剣と女の子」https://twitter.com/ogatatei/status/571494035434545152

人に作品を紹介することは創作の訓練になるhttps://twitter.com/ogatatei/status/565440589702115329

あざとさは作れるhttps://twitter.com/ogatatei/status/569377635974774784

大阪人とオチの話はマンガの構成に関係があるhttps://twitter.com/ogatatei/status/564028754515603456

カケアミ練習の必然性https://twitter.com/ogatatei/status/564404558567202818

可愛い養女の描き方https://twitter.com/ogatatei/status/567254224157691906

コミックス1巻 紙の本も電子書籍も販売中です!↓

http://www.amazon.co.jp/dp/B00P0BL8KU/ref=cm_sw_r_tw_dp_UsH8ub1Q4V24X 

どうぞよろしくお願いします!

いつかどこかに向かって何かをどなたかとやろうと、まるで巨神ゴーグのオープニングテーマのような事を考えてコミュニティだけは作りました。何をやるかは未定ですがもしよければどぞ

http://com.nicovideo.jp/community/co2440010



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

絵を奏でる、画で語る。

人類が絵を描くようになってから約2万年、絵画美術の手法や技術はさまざまな進化と洗練を遂げ、数多の画家たちが多様にして無限のテーマやモチーフを素地の上に閉じ込めてきた。時は流れて1989年、石ノ森章太郎は『萬画宣言』を発表し、それまでのマンガやコミックやカートゥーンや劇画など...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。