見出し画像

8月の入院生活まとめ


自営業でカラオケバーをやっているOGAWAと申します。
6月28日に#呼吸困難 で近くの内科で受診したところ、心臓の病気が発覚し何の準備もなく突然の #長期入院 が始まりました。自営なのに。数ヶ月無収入が決まりました。

いざ入院してみると点滴と検査以外はひたすらベッドの上で、こんなに時間があるのも久しぶりです。仕事やら治療費やら、自営という立場での長期入院はどうなってしまうのか?また、" #うっ血性心不全 ”と診断されたこの病気はは珍しくも誰もがなりうるそうなので、今後ささやかでもどなたかのお役に立てばと、覚書として日々の経緯を記録しておこうと思います。

具体的な医療用語や治療に関しては専門的な知識があるわけではないので正確性を保証できませんので、その点はご了承の上読み進めてください。実際に通院、入院されている場合は担当の医師の判断に従ってください。

この病気に限らずとも、誰もが何らかの重い病気にかかる可能性があります。"まさか自分が"というようなことがある日突然に自分の身に起きてしまいました。このnoteが健康診断は欠かさず、また身体に過ごしでも異常を感じたら、すぐに病院で受診しようと思っていただくきっかけになればと思います。

では、病気が発覚するまでの経緯を

6月28日に救急搬送されました
#内臓 が弱くとくに心臓が普通の人が100とすると20~30くらいの力しかなく弱くなっているということで #心不全 #心筋梗塞#緊急入院 となりました。

#胸部レントゲン を撮ると肺のまわりに水が溜まっているのが映っており、この水がとれるまで心臓に負担掛けないで安静するようにとのことでしばらくICUに入れられ面会謝絶状態でした。


そして外来を経て8月7日に次の病院に入院することになりました。








#冠動脈バイパス手術 を受けることになりました。

動画の大学病院とは関わりはありませんが自分の症状や手術を受けるに至った経緯などは動画が説明している通りです。
2012年に上皇様が受けられた手術と同じ手術です。

バルーンは初日にとれました。

ドレーンは2日目にとれました。

部屋を移りました。




横になることができず造影剤CTが中止になってしまいました。背中から水を抜きましたが肺が小さくなっているようで横になることができませんでした。叔父さんたちにお見舞いに来てもらいました。

肺を膨らます治療が始まりました。

回復が遅れており横になることができたもののかなり苦しかったです。




だいぶ回復が遅れていますが無事CT検査は受けることができました。



体重が65キロ台まで落ちたのは20年代の頃依頼、約20年ぶりです。

まだ以前のように動けないので早く回復できればと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までご覧いただきありがとうございます。皆様からいただいたサポートはエコ活動に使わせていただきます。

3
1976年生まれ。二俣川銀座商店会でカラオケバー🎤を営みつつ小中高に通う5人のため毎日奮闘中🙇‍♂️学校行事優先ですが朝まで仕事させていただくことも^^;#人生楽しんだもの勝ち #夢のある未来をつくる #子供たちの活躍できるまちづくり #二俣川 ぜひお越しください
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。