記事で人を説得することはできない/webライター沼について

ブレンディCMの件。

ブレンディ、セクシズムと管理社会と若者の人権無視をブレンドしないでほしい。

っていうツイートがあって面白いなと思ったんだけれども、あのCMは見る人によって見えているものが違うといういい例だと思った。ブレンディCMは上のツイートにあるセクシズム、管理者会、若者の人権無視、以外にもいろいろな角度からコメントされていた。

肉牛は卑しく乳牛が尊いかのような印象を与えるとか、全く商品PRになっていないから、これをCMにするっていうのは代理店の傲慢じゃないのかとか。代理店が電通ということで、電通がもともと嫌いなのであろう人は「電通が悪い」と言っていたし、“性差別”の主張が嫌いな人や表現規制にすぐ反応する人たちは「このぐらいで騒ぐ方がおかしい」と言っていた。複数ポイントに突っ込む人ももちろんいた。

私はああいうブラックユーモアみたいな表現(制作元にその意図はなく、感動作品だと思っていたらしいが)に賛否が出たときに「俺はこういうセンスわかるぜ、理解できるぜ」的なポジションを取る人のことをうざっと思ってしまうので、そのように思った(個人の見解です)。

一つの表現に対して人は自分の見たいものを見る。見たいものしか見ない。管理社会に敏感な人はそこが気になるし、「こういう表現をかっこいいと言う自分がかっこいい」と思っている人にはそのように見える。私はセンスアピール野郎がもともと嫌いだからこそ、そういう方々が目についてしまうのである(あといくつか不快だった部分はあるが割愛)。

先日あるネット記事を書いたときに、正反対な2つの感想が来た。詳細を書くと長くなるのでシンプルに紹介しよう。記事のメインではない部分で「〇〇という事実がある」ということを書いたのだが、それに対して「〇〇を肯定するあなたはおかしい」という感想と「〇〇を否定するあなたはおかしい」という感想の両方があったのだ。

記事では「〇〇」について肯定も否定もしていなかった。私自身、肯定の立場でも否定の立場でもなかった。しかし、ある人にとっては肯定に見え、ある人にとっては否定に見えたらしい。どちらにも共通するのは、物事へのスタンスは肯定と否定のどちらかしかないと思っているということだ。いわゆるクソリプという言葉がある通り、発信者の意図しない意図を読み取って怒る人というのはいる。でも、その人にとってはそう見えているのだから仕方ない。

「仕方ない」という言葉で思い出したが少し前、記事の中に「男性は女性よりも性被害がどういうものか想像しづらいかもしれない」と書いたことがある。記事の趣旨は、認識に男女差があるのは仕方ないから差があることを前提に考え、その差を埋めていこうというものだった。そうしたら、「男が想像しづらいのは仕方ないじゃないか」というコメントがついた。私も仕方ないとは思っていたので、次の記事では「男性が想像しづらいのは仕方ない。だから…」と書いた。そうしたら、「仕方ないという言い方はもやもやする」というコメントがついた。もやもやする方の気持ちもそれはそれでわかるので、私は今後「性被害に遭うことが女性よりも少ない男性が、その被害を想像しづらいのは仕方ない(もちろん、男性でも被害に遭う人はいるが)。しかし仕方ないと言う言葉にもやもやする人の気持ちもわかる」とか書くべきか。

これがwebライターのハマる沼、webライター沼である。webライターは自分の書いた記事の反応をダイレクトに受ける。それが楽しくもあるのだが、正直しんどいことも多い。理由の一つはこのwebライター沼である。あまりにも反応が見えすぎるので、どんな反応を受けるかを絶えず予測しながら前もって保険をかけながら記事を書こうとしてしまう。

「〇〇という事実」の話で言えば、いちいち「念のため言っておくが私はこれについて肯定も否定もしない」と書かなければいけないかも、とかね。あなたの読むweb記事で、「念のため言っておくが」とか「肯定も否定もしない」とか、よく見かけませんか?

webは紙面と違って無限なため、字数制限のない媒体が多い。だから保険をかけようと思えばいくらでもかけられてしまう。そうして記事は長くなり、言いたいことが後回しになり、読者が飽きて離脱し、「何が言いたいのかよくわからない記事だった」とコメントされることになる。

ちなみにここまで読んで「ごちゃごちゃ言ってるけど、お前の文章力がないからだろ」と言う方もいらっしゃるかもしれないが、私はあなたのことがあまり好きではないとだけ前もって言っておきたい。そう、これも反応を気にしての不要な一文。

誰かの反応を気にしながらの表現なんてもうそれは表現ではないと誰かが言っていたが、まさにそれ。記事で人を説得することはできない。自分の表現、意見の表明ができるだけだ。結局どう書いても誤解する人はいるし、反論したい人は反論するし、途中まで読んで適当なコメントをつける人はいるし、下手するとタイトルだけで記事を想像して筋違いなコメントをする人もいる(この世の中には自分の想像する範囲内の文章しかないと思っているなんて本当につまらないことだと思う)。

私の少ない経験の中で知っているのは、その記事を読む人は、大体の場合、そのトピックについてすでに賛成か反対の意見を持っている人である、ということだ。だから記事のタイトルでは、読者が「賛成」「反対」のどちらかの気持ちになりやすい言葉を選ぶべきだと以前の記事に書いた。

そして、「この記事には反対だ」と思って読み始めた人が、その記事に説得されて気持ちを変えることはそうそうない。記事に何が書いてあるかはあまり関係ない。反対したい人は、その記事の隙や矛盾を探すために記事を読む。

反論を想定しながら書くことにも一定の意味はあるし、そのように書いても元からいる賛成派は去らない。しかし問題なのは、反論を想定し、保険をかけながら、あるいは反対派を説得しようとして書いた記事は、なかなか無党派層の支持を得られないということだ。無党派層はシンプルに問題を知りたいのに、反論を想定しながら書いた記事は複雑で歪で余計な部分が多くなっていたりするから。

ネット上には炎上芸人みたいなブロガーが何人かいて、しょっちゅう炎上でPVを稼いでいる。えげつないと思うけれども、それでも学ぶべきところはある。彼らは、人を説得しようとしていない。自分の言いたいことを言いっ放しにする。それはときとして「バカじゃないの」と言われるが、ある種のエネルギーがあるし、わかりやすい。彼らが猛烈に批判される一方で一定の支持を集めているのは「わかりやすいから」という一点につきる。あれが反論を気にして回りくどく書いている文章だったら、読者は信者にならない。あの人たちはファンをさらに強力なファンにするためにその記事を書いている。批判派をはなから相手にしてない。それがね、ちょっと羨ましくなることもあるよね。

ネット上で記事を書く場合、100の内容を180ぐらい言葉を尽くして説明してしまうライターというのは結構いるんじゃないでしょうか。他ならぬ私がそう。簡潔でわかりやすい文章が求められているのに、くどくど保険をかけないと不安で仕方ない。

しかし、ときどき95とか90ぐらいで止めてみたとき、不思議なことが起こる。残りの「5」や「10」を補足してくれる読者がいたりするのだ。「つまりはこういうことだよね」と。こんなコメントを見つけたとき、私はその方の手を取って踊りたくなる。やっと会えたね。あなたに読んでもらいたくて記事を書いてます。webライター沼にはハマらないようにします。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

68

Tamaka Ogawa

ライターの話

2つのマガジンに含まれています

コメント1件

とても愉快に読ませていただきました。
webライター沼にはまらず、炎上芸人にもならず、どんな表現が可能だろうかと想像が拡がります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。