子どもにとっての強者

【追記2018年6月29日】この記事は、7月末に刊行予定『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』(タバブックス)に収録しました。

1月末に、千葉県の熊谷俊人市長がFacebook上で書いた、「「男性保育士が娘の着替えや排泄をして欲しくない」という意見の背景について 」が議論を巻き起こしていたが、この件が「男性保育士への偏見を持つな」だけの話で終わってしまうのならとても残念だと思っている。

この続きをみるには

この続き:3,925文字

子どもにとっての強者

Tamaka Ogawa

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33

Tamaka Ogawa

ヤフーニュース個人:小川たまかのたまたま生きてる https://news.yahoo.co.jp/byline/ogawatamaka/

「性」と「性暴力」の話

コメント4件

こちらのフォロワーさんから貴女の本記事をご紹介いただきました。勉強になりました。賛同できる部分、できかねる部分はありますが、女性教師の黙認、塾長の甘い対応こそ問題解決の先送りだと思いました。非適格者は何年たっても非適格者です。よろしければ、同問題を扱った私の記事をご覧くださり、ご批評、ご指導いただけましたらうれしいです。https://note.mu/umaveg/n/nf5385672e36b
これは性被害の実情をどのぐらい知っているかで受け取り方の異なる問題だと思っています。教育機関で起こる性加害については『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』(池谷孝司)がおすすめです。これ読むと、性加害者や性被害についての考え方が少し変わるかもしれません。私は性加害者って別に「特別に変な人」なわけではなく、どこにでもいると思ってます。
>女性教師の黙認、塾長の甘い対応こそ問題解決の先送り  誰でも知らず知らずのうちに問題解決の先送りをしてしまうことがあります。男性保育士の件を「偏見を持つな」の方向でだけ語ろうとする世論も、本当の「問題」が見えておらず、問題解決の先送りをしているように思います。保育士は女性でも男性でも、子どもにとっては権力者なので。
ありがとうございます。参考にさせていただきます。私もこの問題について、上記記事に引き続き、急遽第二弾を書きたくなりました。私の次回作(今週末アップ予定)もご覧いただけましたら幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。