バザーとiPad越しのお祈り

【追記2018年6月29日】この記事は、7月末に刊行予定『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』(タバブックス)に収録しました。

「Mちゃんのお母さん、Yさんが亡くなった。お葬式には来なくていいけど、心の中でお祈りしてあげてください」

母からそうメールが来たのは年末のことだった。Mちゃんは、姉の保育園時代の友達。Mちゃんの家とうち、それからCちゃんの家の3家族で、昔からずっと仲良くしていた。私と姉は5歳離れているけれど、MちゃんのこともCちゃんのことも、今でも“ちゃん付け”で呼んでいる。もっとも、もう会うことはあまりないのだけれど。

この続きをみるには

この続き:1,771文字

バザーとiPad越しのお祈り

Tamaka Ogawa

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

50

Tamaka Ogawa

コメント3件

良い話ですね。
ありがとうございます^^
この文章に出会えたこと、忘れません。Y さんのためにお祈りします。書いてくださり、ありがとうございます。心と心をつなぐ文章ですね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。