見出し画像

海と珈琲。

肩に力が入りっぱなしの午後3時。
そういえば、ちゃんと息できてたかな。
業務に追われるあまり、呼吸も忘れる金曜日。

ふっと、一息入れようと
コーヒーを買いに席を立つ。
缶コーヒーでいいかと思いながら、
豆の香りを求めてコンビニまで少し歩く。

100円のドリップコーヒー片手に、
ベンチに腰をかける。
ほんとはマスターが淹れる珈琲がいいのに。
我慢がまん。

あぁ、終わらない。どう考えても終わらない。
僕に週末なんてあるのか。仕事に追われる日々。

軽く目をつむり、コーヒーを啜る。
暗闇に、やわらかい風を感じる。
もうひとくち、珈琲を啜る。
ツァプン、ツァプン、と小さな波音が聞こえる。
肌をつつむ、やわらかい潮風。
カウンターでマスターが豆を挽いている。
胸いっぱいに、静かに、
珈琲の香りが沁みわたる。
深く、香ばしい香りに脳がとろける。

肩の力は抜け、
うつらうつらしならが波の音を聴く。
その中に、かすかに混ざるBGM。
Stan Getzのイパネマの娘ー。
あぁ、ここは至極か。

目を開けると、
いつもと変わらない街並みがそこに。
眉間にシワを寄せ、忙しなく歩く人たち。
現実よ、こんにちは。

珈琲はいつでも僕に海を思い出させる。
また、海辺で珈琲が飲めるその日まで。
もう少しだけ、もう少しだけ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

身体弱よわ系のみなさんの、お力になれますように。

嬉しいです。大きく息を吸って深呼吸^^
6

YUKI@準備中

28歳専業主婦。ベンチャー企業2社経験。自ら選んだ激務だったが自律神経失調症、PMSを発症。お先真っ暗状態から、ようやく光が差し込んできた。自分の病気経験が誰かのお役に立てれば嬉しな、という気持ちで更新しています。ちょこちょこ好きな映画や本なども。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。