イケメン奴隷

「金持ち父さん貧乏父さん」って本の
金持ち父さんのイラストに憧れなかったので奴隷
(貧乏父さんの方はもちろん悪意感じます
つまりはどちらもイケてない)

奴隷も「つながり」のうち

僕の中でHOTなのが
アニメ「盾の勇者の成り上がり」の盾の勇者のパーティー

盾の勇者は
「奴隷を買う」ことで
ラフタリアと出会い
ラフタリアを道具(武器)として使い

ラフタリアは
「私はあなたの剣です発言」をする

武器が持てない盾の勇者にとって
剣は大事
だからラフタリアを大事にする

この関係を見たときに

奴隷=ムチでひっぱたく

ではないなと思いました

お金払って買ってるし
必要だから買ってるし
必要だから大事にする

そして
大事にすると大事にされたり

「便利」からの卒業

少し前まで「便利」を名乗ってましたが
「便利」は世の中に溢れてる
便利市場はレッドオーシャンだと思いました

「お役に立ちたい」っていうのは僕のessence
本質だとしても
それを分かりやすく露呈
吐露してしまうのは下品だったなと

人間としての「好き」はその場で伝えた方が良きかもですが
異性に対しての「好き」はラッピングとかタイミングとか必要かなと思うのです
そういう感じ

そこに「奴隷」という提案

気持ちよくハマって笑っちゃいました

それはそうと

秘書
または
マネージャー募集します
(どちらでもイイ)

給料
出しません
(僕と居られることに価値を見いだせないとそもそも相互不幸)

とりま老若男女OKとします

ちなみにスケジュール管理とかしなくて良さげです
そんなに忙しくないので

みんなのフォトギャラリー

「古代」で検索しました

「奴隷」で検索しても
僕の心とフィットするのなかったので

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

その1秒に恋しました\(^o^)/
2

作り置きには手紙を添えて

あなたが欲しいタイミングで手に取れる様に 僕からの「置いておく」言葉 冷めても美味しい言葉 とはいえ鮮度はあるので 要らなければ捨てていただけると嬉しいです 僕は作らずにはいられないので
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。