ファクトをどう捉えるか?

ファクトとは何か?

ファクトとは

ロジカルシンキングの時に使う言葉として

よく出てくるのですが

整理を先にしますね。

イシューをまず決めて

キーポイントを決め

ファクトを掘り下げると言う事なんですが

意味が分からない人も多いと思うので

イシューとは

結論

キーポイントは

枠組み

ファクトとは

事実である。

その流れです。

いつも

デザインやプレゼンテーションをするときに

考えるのですが

結論から決めて

その後に

Why?True?

を考え

そこから事実まで

道筋が出来たら

そこから

また

So what?(だからどうした)

という結論にまた

掘り下げていくのをやっていきます。

その時に重要なのは

ファクトと呼ばれる実世界で

体験してる事がどれくらいあるか?

になると思います。

思考だけでは

基本的には

イシューとキーポイントは

作れるのですが

実体験がないと

ファクトが作れない。。。

今の世の中では

バーチャルももちろん

対戦できるのですが

どれくらい

それを実体験に近い所の

抽象度まで上げれるか?

が大事だと思います。

そうなると

実体験では

時間が足りないが

出来る限り出来る範囲で

バーチャルでもいいから

体験して

その抽象度を上げれるくらいの

知識をつければ

問題ないと思ってます。

苦労は買ってでもしろ

というのは

この辺から来てるのでしょう。

ちなみにそんな言葉は沢山あって

巨乳は頭が悪いとかは

そういった類の

おかしい話な訳です。

要は現実と時代性が

世の中が流れても

言い伝えられてるだけだと。。。

時代が変われば

それなりのアップデートが必要。

そんな感じで時代感を生きると

苦しまないで済むと思いますよ。

#snips #小熊滋

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂ければより一層の学びをお渡しできるように励みますm(_ _)mありがとうございます!

ありがとうございます!めちゃ嬉しいです!

小熊滋

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。