聴くという難しさ。

人の話を聴くのは難しいですね。

どうしても相手が話をしていると次の会話を考えたり、沈黙を埋めようとしてしまいますよね。

元々自分も人の話を聴くのが苦手なタイプなのはあります。

だからこそ

聴く難しさというのは痛感してます。。。

ただ

自分がそうであればもっとそういった人もいるのかと思い書いてみようと思います。

そもそも

なぜ聴くのが難しいのか?

それは人は自分に一番興味があるからです。

話を聴いている最中に自分の記憶と照らし合わせたり、この後の事を考えたりと脳は色んな事を考えてしまいます。

事実問題、、、相槌のHOWTOがあるくらいだから悩んでる人は多いんでしょう、、、

偉そうにボクもそうなんですが、、、

そう考えると

今までは聴けないという事に対して諦めていたんですけど

自分も含めやっぱり聴いてほしいという事に欲求があるんじゃないかと思って、、、

最近は

SNSによって色んな情報発信が出来るようになってより聴くという事が難しいような気がしています。

もちろん自分もこうやって発信をしてあるのですが、、、

なかなか伝わらないと思いませんか?

自分のスキルの問題ももちろんあるんですけど、、、

まず知らなきゃないのがきっと聴くよりも聴いてほしいという人が沢山いるという事ですね。

もちろん

聴くといってもただ聴くと言うわけではなく

1.自我を抑える(客観的に見る)

2.相手を理解しようとする

これが聴くと言う事だと思うんですけど

1番目から意外と難しい。。。

聴いてる時に自分を客観視しながら聴くと言う事。

どういう感情になっているのか?とかですね。

それが過ぎると自分を考えずにスムーズに2番目に移行できると思っています。

相手の事を理解しようと真剣になる事を「傾聴」とも言います。

これだけ

情報社会の渦にいれば聴くよりも発信する側に回れという事は良く聞きますが発信した後は聴く方が重要になるという事ですね。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。この文章が皆さんの何かのお役に立てればと思います。

#snips #美容師 #美容室 #小熊滋 #白髪 #hairsalon #hairartist #whitehair #shigeruoguma #haircolor

https://anchor.fm/shigeru-oguma


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂ければより一層の学びをお渡しできるように励みますm(_ _)mありがとうございます!

ありがとうございます!めちゃ嬉しいです!
4

小熊滋

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。