自分の強みってどうやったら見つけれるのか?

自分のコンプレックスってありますか?

コンプレックスが無い人はいないと思いますが

何となく自分で自分のコンプレックスは

気付くんですよね。

では逆に自分の強みは分かりますか?

これ意外と分からないですよね。

今回は

自分の強みと弱みについて。

最近は個性が大事と言われる時代になりましたが

実際問題「個性」とは何なんでしょう?

個性(こせい)とは、個人や個体の持つ、それ特有の性質・特徴。特に個人のそれに関しては、パーソナリティと呼ばれる。

パッと頭の中にあなたの「個性」はなんですか?

と言われて出て来ますか??

意外と出てこないんですよね。

理由は

個性は強みを出す事。だから自分の強みというモノがよく分からない。尚且つもし仮にあったとしても謙遜して言いづらい。

という感じなのでは?と思います。

きっと自信満々で私の個性はこれです。

と就職活動以外で考える事は少ないのでは?

しかも

就職してしまうと何となく環境に流されてしまって強みがなくなり色々な人から指摘を受けたり、就職する事が目的になり「無個性」になりやすいと思います。

自分自身の強みは何なんでしょう?

成長もする訳だから

学生時代の強みはその環境の中で強かったが環境が変わると意外と強みじゃなかった。とか経験ないですか?

というより

そんなに深く考えないですよね?

少しみんなと違うと矯正されたりする。

どちらかというと

「集団生活の中では個性というモノが邪魔な感じがする」

それってどうなのかな?

基本的に「個性」というものは

人と違うから「個性」と言われる訳です

尚且つ

「集団生活」の中では

協調性?否、みんなと一緒。

という方が

評価される時にイメージ的に高評価な感じがします。

評価する側が「何かと比べて」評価が

高いだけなんですが

人は評価が低いと

自分はダメなんだ、、、

と思いやすい。

そうすると

「言われた事を直さなきゃ。。。」

ってなるんだけど

直す=無個性じゃない?

って思うわけです。

「個性」を大事する

という事を掲げながら

「個性」を無くすような

環境を作ってるわけですよね?

これって結構微妙だなーと思うわけです。

ただ

こういったものは

勘違いしやすくて

「個性」が大事だから何してもいい。時代的に注意されても関係ない。自分が思う事をやり続ければいいんだ。

ではないんです。

出来ない事を知る事は重要です。

バランスが難しくて

人と違うから何してもいいのではなく人と違うからこそ何が自分には出来るのか?それによって出来ない事を頑張るより役に立てる。ただ出来ない事を追求するよりも、出来る事で人の役に立つという信念の元に成り立つ訳です。

これがないとただのわがままになり

ただただ、社会に甘えてるだけなんです。

この辺は結構間違いやすい。

重要なのは

「個性」を伸ばして成長してく中でその「個性」が派生して何かの役に立たないとその「個性」は和を乱すだけになってしまうこともある。

と知らなければ「個性」は必然的に

潰されます。

もちろん本人はそういったわがままでやってるわけではないと思いますが、、、周りから見たらそう見えてしまう。事もあります。

それは周りがサポートしなければないんですが

ただ

本人が何が「個性」なのか知らないと周りはどうしていいか分からない。

というのも同時に出てくる。

自分自身の強みはコレです。と言えれば相手も理解してくれる可能性は上がる。ただ世の中には素晴らしい人もいて「あなたの個性はこれじゃない?」と教えてくれる人もいます。そういった人に出会えたらラッキーです。大事にしましょう。

意外と自分だと探せないんですよね。

自分の強みって。

じゃあどうやって探すのがいいのか?

方法は

自分のコンプレックスをポジティブワードに変換する

です。

そしてそれを徹底的に磨く。

例えば

僕であれば

人と考える事、見る視点がズレてる→独自性のある視点がある

人と同じ事が出来ない→新しい価値観を考えたりするのが得意

人の話を聞くのが苦手→人の話たい事を先回り出来る

人の話を素直に聞けない→その話の本質を捉えて、具体的にどうなんだろう?と考える力がある

態度が大きい→落ち着いている

人の輪に後から入るのが苦手(ネクラ)→自分自身の価値観がしっかりしてる、1人で考えことにより思考を深掘り出来る

とまぁきっとダメな所なんて

探せばいくらでも出る訳です。

今まではこれをどうやったら治るのか?

と考えてた訳です。

生まれてしばらく経ちますが

これを持って今まで生きてきて

急に直すって結構な重労働になりせんか?

だったら

それをどうやったら強みに変えれるか?

どっちかなんじゃないかな?と考えてます。

弱みを直してゼロにする努力

弱みを強みにする為に努力

どっちも努力しなきゃないなら

「個性」を磨く方が楽しそうじゃないですか?

元々「個性」とはその人の特徴、性質

と言われてる訳ですから

良いか悪いかのジャッジは出来ない気がしてます。

それより特徴と捉えてどうするか?

が重要なんじゃないのか?

あとは良くあるのは

自分は「無個性」だと思う人は

素晴らしい人の「個性」を真似すればいいと思うんです。マイナスが無いならプラスにすれば良いだけ。

コンプレックスと向き合うのは意外と怖いですからそういった方法もいいと思います。そうすると意外とコンプレックスに気付いてしまいますが、、、、

まとめ

「個性」とは元々持ってる特徴であり使い方によって、または捉え方によって人の役に立てる。それを自分自身でわかる為にはコンプレックスを強みに変える事が重要。そしてそれをしっかりと分かってもらう事も同時に必要。その為には「わがまま」ではなく、人の役に立ちたいと思う信念が重要。コンプレックスを強みに変える事により成長マインドを育てましょう。

#snips #小熊滋 #個性







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂ければより一層の学びをお渡しできるように励みますm(_ _)mありがとうございます!

ありがとうございます!めちゃ嬉しいです!

小熊滋

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。