中本の亀戸店が錦糸町に移転したので行ってみた(蒙古タンメン中本 錦糸町店/錦糸町/ラーメン)

板橋っ子のオレ様にとってのソウルフードである中本は、今や都内を中心にあっちこっちに店を出している。

大昔は仲宿にあった生家からチャリンコで大山を抜けて川越街道に出て、ひたすら北へ北へ爆走して上板橋の住宅街の中の先代の店に行ったものだが、20歳を過ぎたくらいの頃に地元仲間から「中本潰れたぞ!」という衝撃的なニュースが飛び込んで来た。
しかし、しばらくすると当代が先代の店の近くに店を出してくれ、食べてみたら味も近かったので一安心。また先代の時と同様に、禁断症状が出たらチャリンコ飛ばして上板橋へ行くという生活が続いたのである。

そういえば、中本の行列って当代が店を再開した時にすでに始まっていたように記憶しているので、やっぱ彼の営業力が凄かったんだろうなあ。

そんな思い出の中本も、池袋西口のキッチンABCの2階という狂おしい立地(どっちに入るか悩むだろやめろや!)で支店1号店を出し、新宿の小滝橋通りにも出し、気付けば仕事で出た先でも「あ、中本あんじゃん」と気軽に食べられる存在になった。

1杯にありつけた時の有り難みは減ったが、やっぱ利便性には勝てん。

前置きが長くなったのですでに大勢の方がブラウザを閉じた事と思われるが、以前亀戸にあった中本が、つい最近になって錦糸町に移転した。

亀戸店は、北側の東武亀戸線の線路に沿った通りを亀戸水神駅の方に少し歩いた場所にあり、駅前通りなので分かりやすい立地ではあるものの、行きやすいとは言い難い絶妙な遠さだった(行った事のある人間なら同意してくれるはず!)。

そこが錦糸町に移転と聞いて、さぞ駅から行きやすくなったのだろうと思いきや、場所を調べたら駅の北側の錦糸公園やオリナスの近く。
変わってねえ、駅からの微妙な遠さが変わってねえよ……。

ただ、店内は亀戸時代のゴチャっとした感じではなくなっており、だいぶシステマチックな造りになっていた。

どうでもいい話だが、私が移転後に初めて錦糸町店を訪れた際に、入り口近くで女性スタッフが女性客の赤ちゃんを抱いてあやしていた。
どうも子連れで食べに来たお母さんがいたようで、食べ終わるまでスタッフを1人潰すという大サービスをしていたようだ。

以前だったら「赤ん坊連れて中本なんか来てんじゃねえよ」と毒づいたかもしれないが、自分も子を持った今となっては、中本の禁断症状と子供への愛で板挟みになったお母さんの気持ちが分かるので、素直に感動してしまった。

ところで、中本を食べた後の母乳はどんな味がするのだろう。果たしてそんなもんを赤ん坊に飲ませていいのかどうか、そちらの方が気がかりである。

この続きをみるには

この続き:1,038文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンに入っている&今後追加される記事が月額500円で全て読み放題。メインとなるお固い系の記事と、週に2~3本追加されるその他の限定記事とで、毎月20本程度はアップできるよう頑張っています。限定記事の中には、私がフィールドワークとしているグルメ・飲み歩き系の記事や、下町や商店街をテーマにした地域批評ネタなど、幅広いジャンルが含まれます。記事を単品でご購入いただくより遥かにお得です。

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

3

荒井禎雄

月刊汁マガジン【2019年6月号】

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多岐に渡る記事や動画を詰め込みます。 ※毎月約20記事アップ予定。一度ご購入いただきますと、その月のマガジンに追加されるすべてのコンテンツが見...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。