二郎と蒙古タンメンのフュージョンを初体験(火の豚 人形町駅前店/人形町/ラーメン)

以前から「二郎と中本を合体させた無茶なラーメンが埼玉にあるらしい」という噂は聞いていた。

しかし生粋の板橋っ子であり、中本が産湯だったくらいの勢いのオレ様でも、流石にラーメン1杯のために女房子供をほったらかして埼玉まで行くのは難しく、「いつか食べられる日が来ればいいなぁ」程度に思っていた。

ところが、気付いたらその無茶なお店『火の豚』が人形町に店を開いたというではありませんか!

人形町といえば、我が家のある両国からならチャリンコですぐ。最大の難所である隅田川さえ超えればもう着いたも同然。
こりゃあ行かない理由はない訳で。

という訳で、念願の [二郎+蒙古タンメン] を味わいにイザ突撃!

……とは言ったものの、いざ入店すると券売機の前で頭をかかえるハメに。
二郎と中本の ”フュージョンメニュー” は1種類ではなく、ラーメン・つけ麺・混ぜそばと、3種類もありやがるのだ。

え~~~、天気良くてクソ暑いし、だったらラーメン食べるのヤダなあ。それならつけ麺とか混ぜそば、いわゆる油そばみたいなヤツ?そっちの方がいいよなあ。

この続きをみるには

この続き:1,012文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンに入っている&今後追加される記事が月額500円で全て読み放題。メインとなるお固い系の記事と、週に2~3本追加されるその他の限定記事とで、毎月20本程度はアップできるよう頑張っています。限定記事の中には、私がフィールドワークとしているグルメ・飲み歩き系の記事や、下町や商店街をテーマにした地域批評ネタなど、幅広いジャンルが含まれます。記事を単品でご購入いただくより遥かにお得です。

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

4

荒井禎雄

月刊汁マガジン【2019年6月号】

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多岐に渡る記事や動画を詰め込みます。 ※毎月約20記事アップ予定。一度ご購入いただきますと、その月のマガジンに追加されるすべてのコンテンツが見...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。