裏営業って、いわゆる ”マッチング” であり ”人材派遣” じゃないかと思う

今回は小ネタである。
オチもイマイチ期待できないボヤキのようなテキストになると思う。

何が言いたいのかといえば、例の吉本の裏営業についてだ。
有名芸能人が絡んでいる話だからか、不良系の詐欺集団と、日本一の巨大芸能プロダクションという組み合わせの妙なのか、TV局の腰が引けていたとしても未だに風化する兆しが見えない。

でもね、この手の ”裏営業” ってどんな業界にも大なり小なりあると思うし、芸能界やセックスワーク業界のような 「人間の欲望そのものが商品」 という世界では、無い方がおかしいと言ってもいいと思う。

これは過去にどこかで何回か書いた記憶があるのだが、私がAV業界に居た頃(20年近く前)に、何度か「女を都合してよ」的な話を受けた事があった。
そういう依頼を出して来るのは決まって 「裸商売以外の業種」の人達で、彼らはAV監督にお願いすれば多少のお金でセックスさせてくれる美人さんを何人も用意して貰えると信じ込んでいるのだ。

そういう話が来た時にどう対応するかというと、まずは予算を聞きますわな。そこが何より重要、というか全てと言っていいでしょうな。
次に、ご予算に応じた女性のランクを考え、依頼主に「その金額だとこの辺りのレベルの子が〇〇人って感じになるよ~」と伝えますわな。

大体この辺りで依頼主は現実の厳しさを思い知って「だったら風俗行くわ」と話が立ち消えるのだが、中には ”太い” ヤツもいて「その程度なら全然へいきー」という答えが返って来てしまう事もある。

そうなったら実際に女性を集める作業を始めないといけないのだけど、ここに少々問題が。
こんなもんを大手AVプロダクションを通してバカ正直にやっていたら、いくらお金があっても足りないのだ。

よって、プロダクションを通すとしても個人的に仲のいい小規模プロダクションだとか、プロダクションに所属していないフリーの子に声をかける事になる。もしくはプロダクションのマネージャーを抱き込んで、プロダクション自体には黙ってて貰うとか。

こういう手順を踏めば、割と現実的なお値段で女性をかき集められるのだが、セックス込みという条件がある以上、やっている事は管理売春である。
うん、闇営業どころかもっと別の違法行為の自白になってしまっている気がしないでもない。

ともかく、こんなゴニョゴニョっとしたお話なんか至る所に転がっているものだし、この手の話がキッカケで【不良系・反社系】と、ごく普通の一般企業とがくっ付いてしまったりもする。
当時六本木界隈で日夜繰り広げられていた、不良系の人間達とTVマンや広告代理店の人間らとの乱痴気騒ぎなど、そのテンプレのようなものだ。

この続きをみるには

この続き:2,180文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンに入っている&今後追加される記事が月額500円で全て読み放題。メインとなるお固い系の記事と、週に2~3本追加されるその他の限定記事とで、毎月20本程度はアップできるよう頑張っています。限定記事の中には、私がフィールドワークとしているグルメ・飲み歩き系の記事や、下町や商店街をテーマにした地域批評ネタなど、幅広いジャンルが含まれます。記事を単品でご購入いただくより遥かにお得です。

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多...

または、記事単体で購入する

裏営業って、いわゆる ”マッチング” であり ”人材派遣” じゃないかと思う

荒井禎雄

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

荒井禎雄

月刊汁マガジン【2019年6月号】

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多岐に渡る記事や動画を詰め込みます。 ※毎月約20記事アップ予定。一度ご購入いただきますと、その月のマガジンに追加されるすべてのコンテンツが見...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。