「川崎通り魔事件」 ”無敵のひと” を乱用すべきでない理由 #1

「川崎通り魔事件」 ”無敵のひと” を乱用すべきでない理由
#1 https://note.mu/oharan/n/n6fdfea7865ee
#2 https://note.mu/oharan/n/n98a30d9a498d


犯人の部屋にTVとゲームがああぁぁぁぁ!

川崎の通り魔事件で、犯人の部屋に 「TVとゲームがあった!」 と ”わざわざ速報扱いで” 報じられ、心ある方々の一斉砲撃が始まった。

「速報」扱いでオンエアも『部屋にテレビとゲーム機 岩崎容疑者の自宅』とFNNプライムオンライン/『テレビとゲーム機があったのは事実だろうけど、意図が丸分かりすぎてフェイクニュースと変わらないぞ』という視聴者の声も
https://togetter.com/li/1361281

スマホもパソコンも持たず、据え置き型のゲーム機と、それを繋ぐTV、そしてポータブルゲーム機しかない部屋……。
この情報だけで犯人像が分からないものだろうか。

殆ど答えが出ているようなものなのだが、なぜあと一歩、もうひとひねり、脳みそを使う事が出来ないのか。

そして、この情報によって犯人像がより明確になった。

犯人が続けたであろう孤独な戦いと敗北

川崎無差別殺人事件の犯人が同級生に「孤児、捨て子」といじめられていたことが判明…人格の土台の大きな要因と見る流れへ
https://togetter.com/li/1361746

この犯人って、ようはSNSなんかで知った口をきいてる連中が好む「〇〇したら××すりゃいいじゃんwww」 といった ”戦い” を、口先だけではなく、本当に何十年も独りで続けて来た人間なのではないだろうか。

SNSなんかでよく見かけるでしょう「イジメは犯罪なんだからどうのこうの」「カツアゲは恐喝なんだから警察に~」「〇〇は傷害罪が成立するから~」と、じゃあお前はその通りに出来るのかよ的なヤツらを。

ところが、今ある情報を元に考えると、どうやらこの犯人はそういうイキリネットユーザーの声をそのままバカ正直にやってしまった ”正義のひと” だったように思う。

しかし、その己の正義をかけた戦いは、犯人の死後に 「完敗だった」 事が発覚した。TV取材を受けた同級生を名乗る人間が、彼の事を「あいつは昔からトラブルメーカーだった」「あいつの態度が悪いから親ナシだの孤児だのミナシゴだのと言われていた」と、死人に口なしとばかりに伝えてくれたからだ。
見方を変えると、マスコミがダメ押しとして印象操作を手伝い、犯人の男に対するイジメが完結したのである。

それ、どう考えても因果関係が逆なんじゃなかろうか。お前らが普段から親ナシをネタにからかったり、差別的な言動をぶつけたりしたから、犯人も意固地になって「自分は間違っていない、周囲のイジメっ子達がおかしい、だから引き下がらない」 と、孤独に戦い続ける道を選んでしまったのではないのか。
もしかすると犯人の人格にも問題はあったのかもしれないが、それが「親ナシ孤児」呼ばわりしてイジメるなんて事と同列に扱えるようなものだったとは思えない。

仮に、この犯人のメンタルがもうちょっと弱かったとしたら、この同級生らはのうのうとTVで「アイツは昔から~」なんて言えなかっただろう。
何故なら、その場合は犯人が世を儚んで自死を選んでしまい、この同級生らは「イジメ殺した極悪人」の立場になり、迂闊に公言できなくなるからだ。

ところが、この犯人は悲しいかなイジメに立ち向かう気概があった。
だが、それが悪い事の連鎖を引き起こし、他人と上手くやって行けなくなり、何十年間もかけて積もり積もって、今回の事件が起きてしまったのではなかろうか。

よって、どう考えてもTVやゲームなんてものは直接の要因ではない。むしろ「最終的に彼が逃げ込める場所はそこしか無かった」という「他に大きな要因があったという証明」である。
何故ここを深く掘り下げないのだろう。

この続きをみるには

この続き:1,304文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンに入っている&今後追加される記事が月額500円で全て読み放題。メインとなるお固い系の記事と、週に2~3本追加されるその他の限定記事とで、毎月20本程度はアップできるよう頑張っています。限定記事の中には、私がフィールドワークとしているグルメ・飲み歩き系の記事や、下町や商店街をテーマにした地域批評ネタなど、幅広いジャンルが含まれます。記事を単品でご購入いただくより遥かにお得です。

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多...

または、記事単体で購入する

「川崎通り魔事件」 ”無敵のひと” を乱用すべきでない理由 #1

荒井禎雄

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

2

荒井禎雄

月刊汁マガジン【2019年6月号】

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多岐に渡る記事や動画を詰め込みます。 ※毎月約20記事アップ予定。一度ご購入いただきますと、その月のマガジンに追加されるすべてのコンテンツが見...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。