海外ポルノサイトの統計データから、世界各地のエロ嗜好を考察

先日はFANZA(旧DMM)が公開した統計データを元に、日本人の性について考察してみたが、今回は海外に注目してみたい。
というのも、前回の記事で「あまり不穏な流れにし過ぎるのもどうだろう」と思い、書かずにいた事があるのだが、その補足をしたいのである。

FANZA(旧DMM)の統計データから男女の性欲の実態を考察する
https://note.mu/oharan/n/n9b5a64c2a865

ちなみに何を「書かなかったか」というと、某靖国神社でヘアヌード撮影したバカに代表される、事あるごとに「日本の男はロリコンで~~それに比べて海外の男性は~~」と騒ぎ立てる "自称フェミの外人専用肉便器" の皆さんがいかにウソばっかり吐きやがるかについてだ。

日本人の男がロリコンばかりというなら、先日のあの統計データの結果はなんなんだと。圧倒的1位が熟女じゃねえかボケナス。
お前らが相手にされない理由付けのために男がロリコンだからなんてデマを持ち出すなバカタレ。
マ〇コ付いてるからって何を言っても、どれだけ社会のルールを破ってもいいなんて考えんじゃねえぞクソビッチ。
てめえらみたいな骨の髄までインチキなメスがフェミを名乗るからフェミニズムが死んだんだクサレ売女。

そう申し上げたかったのだが、あんまり口汚くなり過ぎるとせっかくの貴重なデータが台無しなので、仕方なく記事を分けた次第でございます。

あまりにもお目汚しが酷いので早速本題に入る。
今回取り上げたいデータは、Pornhubという大手ポルノ動画サイト(流石に直リンはやめます)が公開した、「世界各国で最も視聴されたカテゴリー」および「世界各国の女性が最も視聴したカテゴリー」というデータだ。
※現物は「World's Most Viewed Categories」や「Most Viewed Categories by Women」などで検索に引っ掛かります。もし出て来なかったら、画像検索に切り替えてみるといいかも。

日本人には難しいスラングが散見されるので、まずは「世界各国の女性が最も視聴したカテゴリー」を紹介しつつ、スラングの意味を解説しておこう。

・LESBIAN 同性愛というより、ここでは「女vs女」のカラミ物、もしくは男性が出て来ない物と理解した方がいいと思う。
・ANAL いわゆるアナ~ルのセク~スである。
・ARAB  出演者がアラビア人という意味。
・BIG DICK いわゆる巨根。
・EBONY 黒人とのセク~ス。
・FEMALE FRIENDLY これの意味が分からず困ったのだが、どうやら「女性に優しい」転じて、「女性向け」もしくは「女性が本当に楽しんでいる」といった感じだと思う。実際に、このカテゴリーで検索してみると、ガツガツしていないムーディな作品が多数引っ掛かった。
・HENTAI エロアニメ、エロマンガなどの二次元作品を指す単語。
・MATURE 熟女(4~50代)
・TEEN 文字通り十代……だが「若く見える」という使われ方も多い。

こうしたスラングの意味を元に上のマップを見てみると、最も人気があるのはレズ作品となっている。もしかするとレズビアンの女性がレズ作品を求めているのかも。
ついでに言うと、ロシア女性の謎のアナル推しの理由がとても気になる。

また、下の男女の区別のないバージョンと比べてみると面白い点が見えて来るのだが、女性に限った方は圧倒的人気のレズを除くと、それ以外の項目の比率が非常に小さい。
単純に面積で考えると「レズ>>>>(越えられない壁)>>>>アナル・二次元・黒人」という事になるのだが……。

正直、先日のFANZAの統計データにあったような「性の多様性」というのは、あまり感じないような。

この続きをみるには

この続き:3,210文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンに入っている、もしくは今後追加される記事が月額500円で全て読み放題。メインとなるお固い系の記事と、週に2~3本追加されるその他の限定記事とで、毎月20本程度はアップできるよう頑張っています。限定記事の中には、本来私がフィールドワークとしているグルメ・飲み歩き系の記事や動画、下町や商店街をテーマにした地域批評ネタなど、幅広いジャンルが含まれます。記事を単品でご購入いただくより遥かにお得です。

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多...

または、記事単体で購入する

海外ポルノサイトの統計データから、世界各地のエロ嗜好を考察

荒井禎雄

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

4

荒井禎雄

月刊汁マガジン【2018年11月号】

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多岐に渡る記事や動画を詰め込みます。 ※毎月約20記事アップ予定。一度ご購入いただきますと、その月のマガジンに追加されるすべてのコンテンツが見...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。