板橋グルメマニア第2回イベント、定員に達したので締め切りました

過去ここまで板橋愛に満ち溢れた本は無かったと評判の 「板橋マニア」。
お陰様でメディアに取り上げられる機会も増え、隠れた板橋出身有名人である稲垣吾郎氏にも絶賛されるなど、”板橋区公式本” として恥ずかしくない結果が出せたものと思います。

そんな板橋マニアをただ出しましたで終わらせては勿体ないと、グルメ部門のメンバーでトーク&グルメイベントを行ったのが昨年の11月。
その旗揚げ戦は、皆様のお陰で大入り満員、大盛況となりました。

【板橋グルメマニア 旗揚げ戦】
11.24板橋グルメマニア旗揚げ戦
https://note.mu/oharan/n/ncdd1147672ee
”板橋グルメ”を盛り上げる為の新イベント始動!
https://note.mu/oharan/n/nfb7a84137701
板橋グルメマニア第一部の内容が決定しました
https://note.mu/oharan/n/n5ddc2f27caf5


前置きが長くなりましたが、この板橋グルメマニアの第2回の開催が急遽決定いたしました。

【第2回 板橋グルメマニア】
オトナの社会見学『日本一の鶏肉専門店で鶏肉祭り!(仮)』

日時:2019年5月12日
場所:鳥新本社(板橋区仲宿)
時間:13時~17時
参加費:3,000円(飲み物代別)
人数:先着15名様限定

参加希望の方は、お名前・ご連絡先・参加人数を忘れず記入し、下記のアドレスまでメールをお送りください。
itabashi.gourmet@gmail.com
※先着15名となっておりますので、希望者多数の場合はお受け出来ない場合がございます。予めご了承ください。

気になる内容ですが、場所が板橋が誇る鶏肉専門店『鳥新』の本社にお邪魔し、オトナの社会見学を行います。

現時点で決まっている内容は次の通りです。

(1) 鳥新の専門スタッフが目の前で鶏を捌いてレクチャー
(2) 鳥新の専門スタッフが調理した鶏肉料理をたらふく食べる
(3) 鶏肉に関する質問&相談コーナー

(1)個人的に楽しみにしているのがコレ。普通は鶏肉というとムネかモモを選んで買ってくるだけの物ですが、鳥新でレクチャーを受ければ、もっと自由度の高い扱い方を覚えられるはず。

(2)アクティビティよりも食い気だという方にオススメなのがこのコーナー。鳥新は鶏肉の専門店として名高い会社ですが、小売り部門ではお弁当やお惣菜、そして昔からの看板商品である焼き鳥など、”鶏肉料理” を多数用意しています。それをスタッフが調理してくれて、出来立てをお腹いっぱい食べさせて貰えるそうです。

(3)鳥新には、鶏肉に対する愛と知識が溢れすぎている専門スタッフがおりますので、鶏肉に関する疑問・質問・相談などがある方は、ここで聞けば間違いない答えを返して貰えると思います(むしろ鳥新に聞いて解らないなら他で聞いても解りません)。

なお、今回は食べ物(鶏肉)については鳥新さんが用意してくださいますが、飲み物は各自好きな物を持ち込むという事になっております。

[注意事項]
当日はお酒を呑んでもOKですが、場所が鳥新さんの会社ですので、物を壊したり、他の参加者に迷惑をかけるような事は絶対におやめください。

また、このイベントはスペースの都合上、15名様限定とさせていただきます。原則として先着になりますので、参加希望の方はお早めにご応募ください。


※追記
まさか旗揚げ戦から第2回までの間に元号が変わるとは思わなかった……。


【第2回 板橋グルメマニア】
オトナの社会見学『日本一の鶏肉専門店で鶏肉祭り!(仮)』

日時:2019年5月12日
場所:鳥新本社(板橋区仲宿)
時間:13時~17時
参加費:3~4,000円(予定)
人数:先着15名様限定

参加希望の方は、お名前・ご連絡先・参加人数を忘れず記入し、下記のアドレスまでメールをお送りください。
itabashi.gourmet@gmail.com
※先着15名となっておりますので、希望者多数の場合はお受け出来ない場合がございます。予めご了承ください。


◇本の宣伝です
板橋マニアー板橋好きが案内する板橋まちガイド
https://amzn.to/2yEz1RS
監修:板橋区
価格:1,800円(税別)
[内容]
板橋のまちには、普段気づかなくても、視点を変えると見えてくる素敵なものがあります。
それを教えてくれるのが、あるジャンルに長けたマニアックな案内人。そのこだわりの眼で、板橋を案内してもらうガイドブックが誕生しました。ずっとここにあった、板橋の魅力たち。みなさんも、再発見の旅に出ませんか
[執筆者]
◇東京スリバチ学会会長・皆川典久(『東京「スリバチ」地形散歩』洋泉社)による「凸凹地形散歩」
◇団地マニア・大山顕(『団地団~ベランダから見渡す映画論』シネマ旬宝社)による「板橋団地ツアー」
◇グルメライター・刈部山本(「マツコの知らない世界」出演)が紹介する「板橋グルメの世界」
◇暗渠マニア・髙山英男&吉村生(『暗渠マニアック! 』柏書房)による「見えない川を探す旅」
◇境界協会主宰・小林政能(「ブラタモリ」「タモリ倶楽部」等に出演)による「区界探検・東西南北」
◇荒井禎雄(『魚屋がない商店街は危ない』マイクロマガジン社)による「板橋商店街の歩き方」.....などなど!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

4

荒井禎雄

板橋区の専門家を自称するフリーライターだったが、ハッタリが本当になって板橋区に関する著書が複数、板橋区公式の観光本にも参加。息子に対する犯罪者ギリギリの濃厚な愛には定評がある。ご意見ご要望は→ https://twitter.com/oharan
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。