[ネトウヨ論] 7年以上前に書いた勉強会用のレジュメを晒してみる #3 『素人参加型運動の陰にプロあり』

前回は年表だけで終わってしまったが、今回はその年表が頭に入ったという前提で、ネットウヨク団体の背景について考察する。

(4)ネットウヨク系団体の正体
・プロと素人
 ネットウヨク問題を考える上で最も注意せねばならないのは、単純に「ネットウヨク」と一括りにするのは危ないという点だ。というのも、先にも述べたが瀬戸・西村・槇といった連中はそもそもが政治活動家(プロ)である。(当選経験こそないものの、瀬戸は新風から出馬経験があり、槇も中野区議選に頻繁に立候補している)
 また関西方面には、増木重夫という西村修平と行動を共にしていた要注意人物がいる。増木は拉致被害者を救う会の大阪支部の代表だった男で、救う会・大阪が「金の使い方が不透明すぎる」と除名された際に、救う会・全国協議会に対して「協議会は任侠右翼に支配されている!」と石を投げ付けた過去がある。このような経歴の持ち主であるから、当然のごとく公安のマーク対象とされているようで、ここ何年かで3度の逮捕歴があり、「政治ゴロ」と呼ぶより他ない存在である。この増木は私塾を経営しているのだが、その塾の講師だった青年が吹田市議選に当選するなど着実に地方行政に食い込み始めているため、ネットウヨク界隈で最も注意・警戒すべき人物だと言えよう。
 現在、良くも悪くも桜井誠や黒田大輔のような素人が目立っており、それを批判したくなる気持ちはわからないでもない。だが日本社会にとってより仇なす存在なのは、在特会のような素人集団ではなく、それを手駒として使うプロである事を忘れてはならない。

この「プロと素人」という切り分け方は非常に重要だ。これはネトウヨに限らず、例えば ”いわゆるしばき隊” に喩えてみても似たような指摘が出来る。

しばき隊の代名詞である、在特会に対する肉体言語的なカウンター活動を現場でやっていた連中は、どちらかというと素人と呼ぶべき人間が多い。
ところが、そうしたしばき隊の活動を応援していた連中の中には、学者・知識人という属性を持った人間や、その手の社会運動で食っている運動屋など、プロと呼ぶしかないヤカラが何人もいた。

そうしたプロは、素人を鉄砲玉として都合よく使い、都合が悪くなるとトカゲのしっぽとして冷酷に切り捨てる。つい先日も、元男組の男性が長年に渡って鉄砲玉として便利に使い倒された挙句、あっさりと切り捨てられ、無念のまま亡くなったばかりだ。

この手の連中を見る時は、まず誰がプロで、誰が素人なのか、そこを見定めておくといい。当然、より注意すべきはプロの言動である。

この続きをみるには

この続き:2,988文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンに入っている、もしくは今後追加される記事が月額500円で全て読み放題。メインとなるお固い系の記事と、週に2~3本追加されるその他の限定記事とで、毎月20本程度はアップできるよう頑張っています。限定記事の中には、本来私がフィールドワークとしているグルメ・飲み歩き系の記事や動画、下町や商店街をテーマにした地域批評ネタなど、幅広いジャンルが含まれます。記事を単品でご購入いただくより遥かにお得です。

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多...

または、記事単体で購入する

[ネトウヨ論] 7年以上前に書いた勉強会用のレジュメを晒してみる #3 『素人参加型運動の陰にプロあり』

荒井禎雄

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

荒井禎雄

板橋区の専門家を自称するフリーライターだったが、ハッタリが本当になって板橋区に関する著書が複数、板橋区公式の観光本にも参加。息子に対する犯罪者ギリギリの濃厚な愛には定評がある。ご意見ご要望は→ https://twitter.com/oharan

月刊汁マガジン【2019年2月号】

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多岐に渡る記事や動画を詰め込みます。 ※毎月約20記事アップ予定。一度ご購入いただきますと、その月のマガジンに追加されるすべてのコンテンツが見...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。