おはようさぎ

鬱病、自律神経失調症などの病に冒されている、生粋のアラサーメンヘラ。不幸で巷では評判の幸薄ババア。手首を切った回数は数知れず☆Twitter(@morningusagi)

路傍の石はダイヤモンドになれない

石ころは磨いても所詮石ころ。

有名な詩人が「みんなちがっていい」みたいな事を言うが、それはダイヤのように輝く個性ではないのか、とヒネた私は思う。
輝く個性、それは「他人が羨む」個性ではないかと私は推測する。

みんなちがっていいのなら、私だっていいはずではないか。

でも私の個性は万人に受け入れらたことがない。

他人と会話ができない、人の嫌な部分ばかり目に付く、自分が被害者だとヒロインぶる。

もっとみる

殺戮のセーラー服

卒業しても生きている。

「卒業式まで死にません」という本がある(著:南条あや)
南条あやという人は、メンヘラをポップカルチャーにした人だと私は思っている。

彼女は私と同じく中学生でリストカットを覚え、精神科に通いODを繰り返す自傷ジャンキーだ。
彼女の背景にあるのは、メンヘラなら誰もが抱えがちな家庭環境や学校関係での不和だった。
結局、彼女は高校卒業直後に推定自殺という形で亡くなった。

何故

もっとみる

不幸で何故悪い

不幸を覆す方法を教えてよ。

私は自他共に認める中途半端な不幸だと思う。
家庭に愛は無い、金もない、自分の部屋もなければプライバシーもない、家も汚い。ないないない!
何もないと思っているが、人様に話せば「そこまで大きくして貰ったら幸せやん」と返ってくる。

幸せ、とは何ぞや?
確かに、私は親に殴られていたわけじゃないし、食事を与えないとかいうネグレクトを受けていたわけでもない。
しかし、食事を与え

もっとみる

親がいなくても生きていける

働かずして食う飯はうまいのか?

私、無職なんですが(今更)
よく「どうやって暮らしてんの?」と訊かれるが、察しの良い方は分かると思うんですが、生活保護です。

最近「健康で文化的な最低限度の生活」というドラマが放送されたり、生活保護を受けていた人の自立の体験談とか、少しずつ生活保護へのマイナスイメージはなくなってきた…

そんなわけねーだろ

っていうのが私の本音で。実際は世間様から「落ちぶれて

もっとみる

好きなものほど歌えない

私、カラオケが苦手で。

中学生の頃、Coccoの音楽と出会った。今の自分にも、多大な影響を与えていると思う。
暗くて重いバンドサウンドが好きになったのも、彼女の焼け野が原がキッカケだった。
Coccoの、細くて折れそうな体からは考えられない命の叫びのような歌声が大好きだった。

高校生になって、それなりに人付き合いをし、カラオケに行くような友人もいた。
友人たちが流行りのアイドルとかバンドの曲を

もっとみる

あなたなど居なくても生きていける

「あなたが居なきゃ」みたいな関係はうんざりだ。

みーちゃん(仮称)という女の子が居た。
その子は私の人生で初めてできた親友だった。だった、ということはお察しの通りもうみーちゃんとは親友でもなんでもない(死別ではない)

私と彼女の出会いは、高校時代(今から約10年前)の時に流行っていたSNSだ。
お互い好きなバンドが一緒で、ライブハウスで顔合わせしたことでネット上の友人からリアルの友人へと関係が

もっとみる