運の良さそうな柳下さん

「よかったら応募してください」
四谷三丁目の點水樓で台湾料理を食べたあと、お店の人からクリスマスのキャンペーン葉書を渡された。

一緒にいた柳下さんが、
やたらめっぽう運の良さそうな人なので、
「送ってみてくださいよ」と葉書を押しやった。

うんうん、とうなずくと、
住所を書き始めた。

ほがらかそうな見た目に反して、
一文字一文字が縦に長く細く、
まるで東京タワーが並んでいるような文字。

思ったより、華奢な字を書くんだな。書いている様子から目が離せなかった。

おもて面にひっくり返すと、
宛先の〇〇行という字に細工を始めた。
「行」に縦や横の棒を書き足し、
「御」にしてしまった。

そして、「中」を足して「御中」が完成した。

なぜ、横線で「行」を消さないの。
いつもそうするの?

「うん。なんか、『行』を書いた人に悪いから。せっかく書いてくれてるんだから、消さずに使いたくて」
他の空白をうめながら言った。

印刷の「〇〇行」を書いただれかを、想像している。。。

ひとりものすごく納得して、やはりこの葉書は柳下さんに書いてもらってよかったと思った。
当たらなかったとしても、神さまが外したことをちょっと申し訳なく思ってくれる気がした。

2

おのみっちゃん

旅、食、本、写真。雨の日が好きであります。FP3級。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。