ジョージア(グルジア)料理とアゼルバイジャン料理、アルメニア料理

ジョージア(グルジア)料理をはじめて知ったのはロシア。地元の人が「グルジア料理がおいしいよ!」と誘ってくれた。

いま見ると、ケバブ(シャシリク?)とジョージアサラダ食べてる

肉巻きパンケーキ

「ワインがおいしーんだけど紛争中だから飲めないんだよね〜」って言っていた。いまならわかる、オセチアとかのことだな。ロシアは余計なことしすぎなんだよ!

--------
で本場にジョージア料理を食べに来た。
結論としては特別に面白いしおいしい。また食べたい。日本にジョージア料理がほとんどないのが残念。
ヒンカリ(餃子)とオジャクリ(ジャーマンポテト)とシュクメルリ(鳥煮込み)くらいで、あまり情報がないので、のちの皆さまのお役に立ちますように…。

パドリジャーニ
(ナスソテーのくるみペースト巻き、粒はザクロ)

赤ワインはジョージアの名産。
甘い印象。赤丸ポートワインみたい。
他のドライな赤白も試したけど、全体的に若い。

スーパーには大きなカメ形ワイン

ジョージアサラダ
きゅうりとトマトをくるみで和える

ホテルの朝食で出たにんじんニンニクサラダ。めっちゃうまい。

Khinkali ヒンカリ(羊肉餃子)
ツノを手でつまんで食べる。ツノは残す。かなり羊。塩コショウとパクチー入ってるかな?

Sulguni Khinkali スルギニ・ヒンカリ
(チーズだけ餃子)
添えてあるニンニクヨーグルトをつける

パン屋。各種ハチャプリ。

Achma アキマ(ラビオリみたいなのでスルギニチーズはさんである)
これトルコにもあったなぁ。ボレッキborekだ。

Chvishtari(コーングリッツにスルギニ挟んだもの)

Khachapri Acharuli ハチャプリ・アチャルリ
(ボート型のパンにスルギニチーズ、バター、卵)
けっこう塩強め味は平坦。パンはサクフワモチでおいしい。たぶんかまどで焼いている。

真ん中あたりのパンがKhachapri Imeruliハチャプリ・イメルリ
(チーズパン)。
すぐ上にSulguni スルギニチーズがある。
中と上にチーズあるWチーズタイプはKhachapri Megruli ハチャプリ・メグルリという名前になる。
右上のがTorisPuriトリス・プリ(ジョージアのパン)。

Kubdariクブダリ
(ひき肉ではなく細切り羊豚肉はさみパン)
丸い。

Lobianiロビアニ(豆はさみパン)もある。
Lobioロビオ(豆煮込み)はパンなしだから、Lobiと言うのが豆のことかも。

(牛肉ワイン煮込みクリーム)うまい

Kharchoハルチョー(牛肉、プラム、米のピリ辛スープ)めっちゃうまい

チャホフビリ(鳥ワイン煮込み)

Chikhirtma チヒルトマ
(鶏だし卵スープ、少し酸っぱい。酸辣湯に似てる)

Ojakuri オジャクリ
(ポテトチキン)めっちゃうまい。
ポテトだけ、ポテトマッシュルームなど他にもバージョンあり

Chashushuli マッシュルーム・シャシュシュリ(マッシュルームと仔牛のスープ、ハーブの味がタイ料理っぽい)めっちゃうまい。
普通のシャシュシュリは仔牛のスープ。

シュクメルリ(鶏焼きニンニククリーム。コクと酸味がある白ワイン? サワークリーム?)めっちゃうまい

フルーツヨーグルト

チュルチュヘラ
(くるみを煮詰めたぶどうジュースで包んだ伝統菓子)

ザクロがたくさん取れるらしい。アルメニアも同様。手絞りザクロジュース。

上は自家製レモネード、下は既製品レモネード。レモネードが人気なんだそう。自家製は苦味がおいしかった。

ボルジョミ(炭酸水)、ソ連のころは一部セレブだけが飲めたとか。塩っけがかなりある。

水と桃ヨーグルトジュース、ザクロジュース

Barambo
ジョージアのチョコレートメーカー

お気に入りのジョージア料理の店、シャトレのメニュー表(1L=75円くらい)

ジョージア料理のメモ

追記
東京都吉祥寺駅のカフェロシアに行ってきました。

ジョージア料理はメインではなく残念。ボルシチの土くささが抑えられていたりして、もっとパンチが欲しいなあと。でもこのピンクはなんかすごくロシアっぽくていいなと思いました。

-----アゼルバイジャン料理-----
トルコ料理の影響が大きい気がした

ヒンギャル(ベロベロなパスタに羊ひき肉と玉ねぎ炒めを乗せたもの、ニンニクヨーグルトかける)

ドゥシュベレ(小さい餃子のスープ。小さければ小さいほどイケてるらしい。スープはブイヨン的な味)

レヴァンギ(鶏にくるみ玉ねぎプラムを詰めてオーブンで焼く)めっちゃうまい

ナスのサラダ

紅茶がメジャーらしい。コーヒー好きな人もいるけど。魚肉ソーセージ。ザクロジュース。

ドウガ(ヨーグルト、パクチー・パセリなどのハーブスープ)

メリジスープ
「このスープはアゼルバイジャン料理」と言われたが、これトルコの「mercimek corbasiメルジメッキ チョルバス」て言うレンズ豆のやつと同じと思った。レモン絞るとこも。
ナスのひき肉チーズ乗せもトルコっぽい…。

この食堂感もトルコ…デジャブ…。

適当に入ったからトルコ料理やさんだったと言うオチ。

アゼルバイジャンのパン屋さん

------アルメニア料理----

Lahmajo (ひき肉乗せピザ)
Sweetbrier(花の形のパスタ間に羊肉)
tzhvzhik(牛モツ煮込み)

Lahmajoはアルメニア料理としてメジャーなのだけど、これもトルコのLahmacunラフマジュンとそっくり。近いから影響受けてるのだろうな。もともとどっちの料理なんだろ。


menu.amといういろんな店の料理を取り寄せられる宅配サイトのTavern caucasusという店で注文。
UberEatsみたいなのって、どこにでもあるんですね。
同じところが展開してるっぽい menu.ge でジョージア料理の宅配も検索できたので、メニュー調べるのには使えるかも。

gata 伝統菓子
(豆あんみたいのが入っててまあまあおいしい)

Tan (ヨーグルトジュース甘くない)
アルメニアパン
Khashlma(羊肉と野菜の煮物)
なぜか写真を横にできない…

チョコは量り売りが基本

ケチャップ好きだな! 辛さのバージョン違い。

チョコとかジュースもロシア語。親ロシアなのをひしひし感じます。
(RitterSPORTはドイツのメーカー)

10

おのみっちゃん

旅、食、本、写真。雨の日が好きであります。FP3級。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。