おおいたノート2019年1月号〜大分・別府市長選に対抗馬不在の理由と、与野党激突の参院選

おおいたノートの創刊第2号です。

創刊号をお読み頂いた皆様、ありがとうございました。今号から有料とさせていただきます。1号あたり350円で、創刊号も本日から有料とさせていただきます。
頂いた購読料は、取材活動に使わせていただきます。

第2号では、大分・別府市長選に有力な対抗馬が不在な現状と、夏に控える参院選大分選挙区の構図を特集しました。現状をわかりやすくお伝えします。

目次です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.【特集】大分・別府市長選挙に対抗馬不在の理由と与野党激突の参院選
・「2回続けてけんかするのはしんどい」大分市長選は戦う雰囲気なし 
・別府市長選は出馬が有力視されていた候補が参院選へ出馬
・参院選大分選挙区、野党の1本化実現か

2.全国メディアで報じられた大分

3.編集長の1か月

4.編集後記

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.【特集】大分・別府市長選挙に対抗馬不在の理由と与野党激突の参院選

今年は統一地方選挙と3年に1度の参議院選挙が重なる選挙イヤー。
統一地方選挙は4月に実施され、3か月を切った。


しかし、大分県内ではいまのところあまり盛り上がっていないのではないだろうか。
特に盛り上がりに欠けているのは、統一地方選挙、それも市長選。

現職の広瀬知事が5選出馬を表明した大分県知事選挙に有力な対抗馬がいないことは、前号で触れた。
同じ状況は、大分市長選挙と別府市長選挙でも起きている。


今回は、大分・別府両市長選挙の現状と、参院選の状況についてみていきたい。

「2回続けてけんかするのはしんどい」大分市長選は戦う雰囲気なし

この続きをみるには

この続き:4,527文字

おおいたノート2019年1月号〜大分・別府市長選に対抗馬不在の理由と、与野党激突の参院選

おおいたノート

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1

おおいたノート

大分を深掘りするWEBメディアです。 編集発行人:田中圭太郎(ジャーナリスト)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。