大泉町レポート!!スーパーの前に競合のスーパーってどうなんですか!

昨日までのまとめ
演出の大石と演出助手の今井の思いつきでうっかり決行が決まってしまった大泉町弾丸ツアー。道中迷子になりつつも美味しいご飯にありつき、観光協会の方からお話を聞き、ブラジル食材スーパーで異国気分を堪能旅しておりました。


と。

すっかり楽しんだ我々は、観光協会で教えてもらったもう一軒のスーパーに行こうねー、とお店から出たのですが。

割と驚愕の事実。教えてもらったブラジル食材スーパーキオスケ(外観撮り忘れたー)が、なんとスーパーTAKARAの目の前にありました。目の前というか、目と鼻の先というか、ほぼ同じ敷地って言ってもおかしくない距離というか。

いやいやいや。コンビニ2軒並んでたらそこそこばちばちするじゃないですか?ブラジルスーパーは2軒並んでて大丈夫なんです?

いや、確かにブラジル人の友達みんな大らかだけどね、これ、ビジネスよね?と、お姉さんは少し不安になりました。


劇中で登場するパンのリサーチがてら、お店のベーカリーコーナーを覗くと、見たことのない形のパンが。

ポンデケージョというらしく、後に食べた俳優(グルメ)が美味しい東京でも買いたい、と言っていたので、おそらくとっても美味しいブラジルのパンなのでしょう。

ちょっとびっくりしたのが、ブラジルは食パンではなくバゲットが主流なんですね。TAKARAでもそうでしたが、フランスパンがいたるところにありました。ちょっと意外。

ふかふかの食パンにこれでもかというくらいヌッテラをつけて食べていそうなのに、フランスパンかぁ。ふむふむ。


そしてここでも気になったのがお肉。

こちらはTAKARAとは違ってブッチャーはなく、冷凍のお肉がメインでしたがやはりひとパックあたりの量がなんだかおかしい。やはり、丸ごとチキンも売っている。


あと、豆は言わずもがなですが、トマト系の缶詰やペーストの品揃えが豊富。

ブラジル料理を食べた感じではそこまでトマトだった印象はないのですが、これだけ置いてあるとなるときっと必需品なのでしょう。

(食材の横にさりげなく置いてあるマニュキア。この雑多感たまらなく好き)


フランスパン、豆、トマト、お肉。ふむふむ。

劇中で出てくるトメニア料理は、ここら辺の食材を使っていこう!とアイデアが固まりまりまして。個人的には大満足。


俳優陣も思い思い、友人にお土産を買ったところで丁度いい時間になったので、スーパーを後にしました。


うーん。お芝居を作る上でとてもいいものを見られたな、という満足感はあるのですが。それに加えて不思議な気持ちと腑に落ちた気持ちと、いろいろなものがまぜこぜ。

慣れ親しんだ自国の文化を受け継ぎながら、全く違った日本に暮らす、というのは一体どういうことなのでしょう。

私がイギリスにいた6年は、どこか少し奇妙な感覚がありました。働き、学び、生活を営む。友人は当然イギリス人が多く、使う言語はほぼ英語。

イギリスに溶け込んでいたとはいえ、自分の身体に染み込んだ日本文化と、英国の文化がうまく混ざりあえないことに寂しい気持ちを感じる日々。

食の面から見てもこれだけ違うんだもの。きっと、大泉町で暮らす彼らも、何か感じることがあるのだろうなぁ。

彼らの目から見た日本は一体どんな場所なのだろう。

そんなことをしみじみと思ってしまいました。


さてさて。本日はここまで!

明日は、何を書こうかな。お楽しみに!!


北区民と演劇を作るプロジェクト2018「未開の議場」創作日誌

2年めに突入いたしました北区民と演劇を作るプロジェクト! 「未開の議場〜北区民版2018〜」 創作の模様をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。