見出し画像

うまくいってる

「父ちゃん!がんばりノートが一冊終わったから新しい物を買ってきてほしい!」と小1の次男から電話があった。

おー、頑張ってるなー。学ぶ意欲もそうだけど、勉強に楽しく向き合えるってことは毎日の学校生活もうまくいってるんだろうなと思いながら買いに行く。

指定された10マスノートがなく、表紙のデザイン違いを買った。
買って手渡したのはうさぎの写真がデザインされたノートで、受け取ると少し照れながら「うさぎはちょっと恥ずかしいな〜」と言った。

男の子らしいなと思った。
でも、表には先生が作った表紙を貼るのでうさぎは隠れると気づき問題は解決。
戸棚を整理して出てきたノートが三冊あったので字の練習とか計算問題を書いて使ってねと渡した。
変なポーズをとりながら「あざーす!」と言った。

それが可愛かったので三回くらいやってもらった。
思い出すたびに笑っている。
何の真似かと聞いたら、「クラスの友達と考えた」と言ったので、うまくいってるなと思った。

コンビニで大容量のわかめラーメンを見つけた。

そういえば、何かがうまくいってる時はいつも、わかめラーメンを食べていたなと思い出し昼ごはんにした。

わかめラーメンを食べるのでついでにロト6も買おうと思ったがやめた。

うまくいって高額当選をした場合、うまくいったに対してのハードルがだいぶ上がり、それ以外のうまくいってるがうまく感じられなくなってしまってはそれ自体がうまくいかない。

だからうまくいくことをやめた。
これからもうまくいくように。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら、超励みになります! 書くモチベーションが上がります。 ちょっとおいしいビール飲んで希望に満ちた生活を送りたいと思います。

沖縄から大声で \ありがとうございます!/
4

濱ショー サラッと読める雑文男

ex.All Japan Goith(skaしっぺ)ってバンドでメジャーデビューしてたり食べ過ぎたり。 唄者の嫁、神谷千尋のマネージメントetc...スポーツは苦手目。 意識高い系より、食費高い系です。 男児二人、子持ちのビンビン物語。

こどものはなし

小学三年生の長男、小学一年生の次男。 生活の中で感じたことや学んだこと味わいのある時間を 綴っていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。