ひとつぶのしずく 《詩》

なにもなかったころ

真っ暗で
心地よく

あなたと
わたしの境い目も
ないところ

わたしはあなただったね
あなたはわたしだったね

みんなの中にかみさまがいて
かみさまの中にみんながいる

ひとつぶの
しずくが落ちて

わたしは
分かれた

いのちのはじまり

胸の鼓動が聞こえる



最新作とともに降りてきた言葉を《詩》にして、写真とともに載せています。最新の作品はInstagramに掲載中。ぜひそちらもご覧ください。

◆https://www.instagram.com/okapongpong/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わたしもすき♡
3

岡田綾子

アーティスト/モデル
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。