随時更新【わたしは驢馬に乗ってnoteをうりにゆきたい】(vol.2 われに五月を)

予告通り、「驢馬noteうり」の第二章をスタートします。今後、月単位で書いていくかどうかは未定ですが、「リリース最初の一ヶ月」と「その後」という区切りは悪くないんじゃないかなと思って。

私の4月のnote売上は、14万7800円でした。必死こいてアルバイトを掛け持ちしてた学生時代の自分がバカみたいに思える金額です。フォロワー数にもとづくランキングでも、伊集院光さん、加藤貞顕さんに次いで3位になりました。とはいえ、5月12日時点で今月分の売上は、1万円。1日約1000円というペースです。ずっと更新してなかったせいもあるけど、まぁ、これならバイトしたほうがいいよね……。

早々に飽きてしまった人はとっくにnoteから離れていった一方、ただ単に新しいブログのように使う人たちも増えたように思います。今後、このコミュニティ(と呼べるのかどうかも不明)がどうなっていくのか、あくまで「売る」ことにこだわりながら、また考えていきたいと思います。成功したこと、失敗したこと、気づいた可能性、注目する動き、などなど、読みたかったらポチッてください。

ルールは、前回と同じ。筆者が気まぐれに更新するコンテンツを、入会金500円で読み放題。推敲前の下書きだから非常に読みづらいですが、きちんとした原稿を書く前のブレーンストーミングとして、皆さんとおしゃべりする感覚です。年会費無料、活動不定期の秘密結社。そして私が自分の「noteという経験」について書くのは、ここだけ。このサービスが、「書く」や「売る」ではなく、まず「買う」ことから始まり、広がっていく場であることだけは確かです。何を購入すべきか迷っている人、手の鳴るほうへ、どうぞどうぞ。

-------------------------

この続きをみるには

この続き:5,808文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

「noteについて考えたこと」を書き綴ります。不定期更新。マガジンは2000円で読み放題。一記事単位の購入もできます。

または、記事単体で購入する

随時更新【わたしは驢馬に乗ってnoteをうりにゆきたい】(vol.2 われに五月を)

岡田育

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

40

岡田育

『わたしは驢馬に乗ってnoteをうりにゆきたい』

「noteについて考えたこと」を書き綴ります。不定期更新。マガジンは2000円で読み放題。一記事単位の購入もできます。
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

購入しました。買って良かったです。
noteでのアプローチ、勉強になります。
最初のやつが4月で終わってたことに6月になって気付いた自分が悲しかったです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。