第1回 ミルヒ米とカフェ

なんの仕事のあてもないまま、単身ベルリンに(ゆき)

Skypeを使ってのおしゃべり。
お話しているひとは、佐藤ゆき @yuki_sat さん。2012年〜ベルリン在住の翻訳家・ライター。詳細なプロフィールは一番下に載せました。
聞いている人は、岡映里 @okaimhomeで、東京在住の作家です。

岡映里(以下 映里) ご無沙汰してますね。お顔みるのって、1年半振りかな。

佐藤ゆき(以下 ゆき) ベルリンのカフェアインシュタインでランチして以来かもしれないですね。

映里 なんとなくじゃあ、近況を。最近読んで面白かった本ってありますか?

ゆき うーん、実は岡さんのブログにあった『懲りない困らない症候群』なんですよ。笑

映里 あ、そうなんだ。ブログ読んでくれてて嬉しい。どういうところが読むきっかけになりました?

ゆき うーん、やっぱりベルリン生活も4年になると、ベルリンにいることが日常になっちゃっているので……。生活が落ち着くまでは必死にやっていて見えていなかった自分の本心の部分に向きあおうかなって思っていたところだったんだよね。ちょうど去年くらいからなのかな、自分の生活をどうしたいのかすごく考えてて。その時にたまたま岡さんのブログでこの本を知って、Kindleに落としたら、面白かったですね。自分ってほんとはもっともっとやりたいことができるんじゃないかなって。

映里 へえ、面白い。ゆきさんは、私から見るとすごく自由に生きてるように見える。だって、なんの収入のアテも、コネもなくて、とりあえずベルリンに行ったわけでしょう? 2012年だっけ。

ゆき そうそう。離婚して、とにかくひとりになれるところって考えた時に……、距離遠すぎかも知れないけど。笑。でも、最初はパリとかロンドンも考えたけど、ベルリンがなんか、肌にあってましたね。

映里 ベルリンの中でも結構引っ越してるよね。今住んでるのは何カ所目?

ゆき 4年間で5か所目。ようやく、落ち着いた感じ。ベルリンは住宅難で、なかなかお部屋が見つからなくてルームシェアとかもしてたんだけど、今は念願の一人暮らしができてる。今のお部屋が引っ越して1年3ヶ月目かな。去年「ときめきのお片づけ」の近藤麻理恵さんの本を読んで奮起して大掃除をして、かなり断捨離しました。今、インテリアが、好きなモノしか目に入らないような感じになってて。快適です。

映里 すごいね、5か所も引っ越してるんだね。私も近藤麻理恵さんの本でお片付けしたよ。笑。ところで、いま、住んでるのはベルリンのなかでどんな感じの所?


ノイケルンってこんなとこ

ゆき ベルリンの中心部からすると南東に位置してる所なの。ノイケルンってエリアです。中東系の移民が多かったりで、わりと雑多な雰囲気。ベルリン市民からは、この辺りはあんまり治安が良いと思われていない部分もある。笑 

映里 東京で言うと新大久保みたいな感じ?

ゆき 近いかも。だからなのか、あんまり日本向けのガイドブックには出てこないかもしれない。

映里 へー。いま、エアビーアンドビーのノイケルンの紹介ページ見てるけど、めっちゃ楽しそうだね。なんか若いアーティストとか多そう。

ゆき そうだね。若い人が多いね。チェーン店が少なくて個人営業のカフェとか食品店とかバーとかが並んでいて、個性的だと思う。

映里 移民が多いといろんな国のごはんが食べられそうだけど、どんなところが美味しい?

ゆき 中東料理とか、美味しいしボリューミーだし、おすすめ。

映里 おいしそうw

ゆき おいしいよ。それにケバブってあるでしょ、トルコ料理の。この辺りではケバブやさんがすごく多いんだけど、かなりクオリティが高いですね。日本よりも格段に美味しいかなって思います。

映里 いいな! 私もケバブ好き。じゃあ、朝ごはんとか、ひとりの時はケバブを食べたり?

ゆき いやいや。私は日本食大好きなんで、おうちでお米炊いてますよ。笑

映里 おお、ベルリンでも和食派なんだね。お米って高い?

ゆき 日本米は高いね。でも、日本米ににた形状をしている「ミルヒ米」っていうのがこっちでは売られていて。ドイツ料理のお米のデザートに使うものなんだけど。それがすごく安いんですよ。0.5キロで45セントぐらい? 

映里 ええ! すごい。味は?

ゆき 日本米にすごく近いですよ。日本でも相当お米にこだわってきた私の舌を信用して下さい。笑 

映里 へぇ、今度、ベルリンに行ったらぜひゆきさんにミルヒ米のおむすび振る舞ってもらおう。

ゆき この前、シュニッツェルを買ってきてカツ丼を作ったらかなり美味しかった。

映里 すごい。シュニッツェルって、ドイツ料理の薄いお肉のカツだよね。工夫してる。笑

ゆき あとね、最近こっちで売られているお豆腐もいろいろバリエーションが出てきて、絹ごしとかも買えるようになって。日本食好きだから、移住の時に心配だったけど、今のところは困ってないですね。醤油もあるし。お出汁とかにコダワリがある人はたまに日本から送ってもらったらいいんじゃないかなぁ。


ゆき的、ノイケルンのおすすめカフェ

映里 家ゴハンじゃないときってどういうところに行きます?

ゆき やっぱり、カフェが多いかな。そこで仕事もするし。

映里 よく行くお店ってどんなところがありますか?

ゆき うーん、いくつかあるけど。でもこれ、情報が細かすぎて役に立つのかな……。

映里 たつと思う。だいたいベルリンガイドって、オシャレエリアのミッテの情報ばっかりだし。ノイケルンとかの下町エリアってまだあんまり話題になってないし。でも民泊とかでノイケルンとか近くのクロイツベルクとかに泊まる人たちも実はたくさんいると思うんだよね。

ゆき そうなんだ。笑。じゃあ、おすすめを挙げますね。3つあるんだけど。

映里 おねがいします! 私も次ベルリンに行ったら絶対行く。笑

ゆき ひとつ目は、CUCCUMAというカフェ。これはほんとに家から近いから、普段使いしているんだけど。Wi-Fiも安定してるから、部屋で仕事するのに飽きたら、こっちに来て仕事してたり。店の女の子がカワイイんだよね。

映里 ほお。カワイイ女の子っていいよね。

ゆき ふたつ目はここ。 http://prachtwerkberlin.com/

映里 オシャレだね! これ、お店の名前は、なんて読むの? 

ゆき カタカナ表記が難しいんだけど、カフェの名前はPrachtwerkだから、プラフトヴェルク、かな?あえてカタカナ読みすれば。

映里 なるほど。お酒も出るんだ。オシャレだけどなんだろ、流行を追ってない感じ。好きなインテリアを、流行関係なく集めてる感じが良いね。

ゆき そうなんだよね。私、キラキラ女子じゃないから、オシャレなだけのお店ってなんか疲れちゃうな−って思ってて。ベルリンって、なんかどこかで落ち着いてて生活感があるお店が多いんだよね。ここは夜にイベントをやったりするのも楽しいんだ。ここのNYスタイルのチーズケーキがすっごくおいしくて、いつもお店に行くと頼んじゃう。

映里 へえ〜いい感じだね。

ゆき みっつめはここ。お店の名前は、Ungeheuer 、ウンゲホイアかな、なんか、カタカナ読みすると、変だな。笑 http://ungeheuer-neukoelln.de/

映里 ああ、私このお店好きなかんじ。ドイツのごはんの盛り付け方って、質実剛健なかんじがするんだけど、変に小細工してなくて。その感じがすごくサイトの写真でわかる。

ゆき そうなんだよね。カフェ文化ってやっぱり発達してる。コーヒーも本当に美味しいよ。

映里 羨ましい。なんか、私どこでも暮らせるようなタイプだと自分では思ってるんだけど、やっぱり、その土地ならではの生活が楽しくないと、長くは住めないなって思ってて。それはやっぱりカフェとか、普段のご飯とかが充実してるといいなって思ってるんだよね。ゆきさんが、ベルリンに4年住めるのって、やっぱり、ゆきさんなりにベルリンの魅力を発見して取り入れていったからなんだろうね。

ゆき 確かにそうかも。ああ、そういう意味では、ほかにも色んな所紹介できるかも。

映里 じゃあ、次の機会にはべつのテーマで、ベルリンの紹介をしてもらいたいな。

ゆき 喜んで!

(第二回に続く)


佐藤ゆきさんのプロフィール

ベルリンを拠点に活動するテックライター・翻訳家。2012年にベルリンに移住。主に欧米のスタートアップシーンについて執筆や翻訳をしています。その他、コンサルティングやイベントの企画・コーディネート、アテンド通訳などもしています。
ゆきさんのブログです! SERIAL FOREIGNER

ゆきさんのベルリンでの生活がマンガで紹介されました!


この続きをみるには

この続き:0文字

第1回 ミルヒ米とカフェ

中島麻美

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは主においしいものに使われます!! 私の人生でとても重要なものはおいしいものを食べることですから!!!!

メルシーダンケシェーン!!!
5

中島麻美

佐藤ゆきの『ゆっくりたのしむベルリン生活』

ベルリン在住のフリーランス・ライター佐藤ゆきさんと作家岡映里のたのしいおしゃべり。4年目の生活でみたもの食べたもの読んだ本きがついたこと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。