歌詞集

18
ノート

「ナイトメアシンドローム」

このまま世界が あたたかな闇に包まれ
重なる日々も翌朝のゴミになればいい

哀しい旋律が気休めの体温に触れて
変わらぬ意味も変えてしまうよ きっと

そう不確かなのは 慣れてるはずだったのに

何が悲しくて 何が可笑しくて
君をなくす夢ばかり見ているの?
君が笑うなら それが歌えるなら
僕はいっそ 偽物のままでいい

言葉にするたび 君の足音が
少しずつ小さくなるのがわかる
それで終わりでも涙も流

もっとみる
ありがとうございます!あなたのおかげで今日が良い日になりそうです。
7

「Noir」

はらりはらりと 降る雪は
手の平でそっと 消えて
月の光は僕を照らすけど
僕の心は汚れたままだ

嘘を嘘で洗い流して
また違う黒ずみで歪んでしまう

君の二酸化炭素が 僕の唯一の酸素に成り得るんだよ
嘘でもいいからもう少しだけ
側にいたいと思ってしまうんだね ああ

迷いも淀みも全部この黒の中に
どんな光も 染めて染めて
何色にもなれないよ
僕は誰にもなれないんだよ なれないんだ

もっとみる
ここから数日間の間にあなたの家の近くのスーパーが安くなります。
8

「プレゼント」

初めてもらったプレゼントは
「正しい資格の取り方」

「未来永劫 安泰はないが せめて安全な道に行け」受け取って数ページ読んで
すぐに捨てる勇気はなく

結局数年後引っ越すまで
本棚の一番左にあった

共感のできる歌が減った
「死にたい」「消えたい」も飽き飽きだけど
他人が歌った哀しみは きちんと他人に届くのな

僕が歌った不安や罪は誰の元にも届かずに
古びて腐って土にも還らず
無価値な希

もっとみる
これがスキの力...恐るべし...
6

「イチ」

「明日生き方を変えよう」って
これまで何回言ったっけな
「私が一なら消えよう」って
そこまで覚悟もないくせに

そもそも自分が一未満と
想像しないのが私で
そういう自分の殻で
助けを待ってるんでしょう

人並み以下とわかってても
入れ物は入れ替えられない
君はどう 今日まで どうしてたの

足跡は全部汚れてて
誰かに迷惑をかけても
君はそう 今日まで 生きてきたんだね

「誰か私に気付いて」って

もっとみる
あなたがスキを押してくれたので、今日の練習もがんばれそうです。
12

「遺書」

もういっそ 目覚めなきゃよかったと思った朝
何もかも嫌だって こぼす場所もない
誰だって辛いのはとっくにわかってるけど
布団から出られずに 泣いてしまうのです

ああ このまま ずっと一人か
考えるほどに恐くなる 触ったら壊れるような
砂の身体になれたら

いつかは消え去る 哀しみの器ごと
誰かが垂らした喜びも灰にして
五日で忘れる愛されたかった声も
「さよなら」って書く手が震えるな

もっとみる
これがスキの力...恐るべし...
9

「ホロウゴースト」

隠しておきたいことばかりの 静か過ぎる川沿いで
足を浸して頭を空に 僕は沈む石みたいに
話しておきたい君はいつも 僕に確認するみたいに
腕を隠して身体を寄せて 緩い流れを受け入れる

一つになれたらなって思いながら 弱く笑っていた

今がどんなによくても 君はきっといなくなる
内向的才能に溢れた 適応障害寸前の僕
君はこんなに美しい でもいつかきっといなくなる
内向的才能に溢れた 人格障害寸前の僕

もっとみる
ありがとうございます!あなたのおかげで今日が良い日になりそうです。
11

「私」

悲しい時は 泣けばそれでいいとか
笑ってればいいことが 集まるだとか
それを見せる相手が 必要なのに
私はいつだって 鏡を見てた

力ない目もとが 腫れているのは
去り際にくれた 笑顔のせいだよ

私なんか一人 私なんか一人
呟いた後で後ろめたくなる
誰に愛されて 誰を愛せばいい?
それも全部あなたが 決めてくれたらいいのに

神さまがくれた この身体は
大切にしなきゃいけないんだと

もっとみる
ひえー!ありがとうございます!ひえー!
8

「僕らはまだそこにいた」

忘れたいことばかりと こぼしたら涙がでた
遠くで鳥が鳴いてた 青い世界と君のこと

名付けたいものばかりの 思い出をかき集めた
毛布で嘘を隠した 青い世界と君のこと

光も当たらぬ岩場で 秘密を持ち寄ってさ

君の生活は順調かな もう傷つけることもないんだな
ねぇどうして 悲しみだけで 進む船はあるのかな

過ぎ去れば戻せないのは 時間だけと思っていた
毛布で嘘を隠した 青い世界と夢の跡

もっとみる
ありがとうございます!あなたのおかげで今日が良い日になりそうです。
8

「昨夜未明」

今夜出ていこう 二人で暮らしたこの部屋を
片付けた言葉 清潔なシーツで隠して

僕に触れた あなたの指が
階段の手すりより冷たくなってた

僕たちは行方不明 このままニュースになりませんように
失敗しても立てるのは 選ばれた人だけなんだ
さよならすべてへ

世界の終わりの本当は 物語にはなくて
日常を少し踏み外すだけで充分だ

足りない言葉 治らない傷 
何曜日捨てれば回収される?

僕たちは行方

もっとみる
ありがとやろう~!!!!!!!
6

「落伍者A」

このアルバム出したら なんか変わる?
この曲書いたら 来年なんか変わる?
 見知らぬ街の 見知らぬライブハウスで
客二人との空気を 「被害者」と呼ぶべきか

重い荷物 背負って歌いに行っても
コネのない僕は 初心者扱い
 憤る勇気もなくてSNS
遠回しに書いたのに フォロワー減った

刹那的な表現 わかりやすいメロディ
猿でもわかるお話 昨日食べたカップ麺みたい

明日ホームで死ん

もっとみる
ちょっと救われました。ありがとうございます!
13