見出し画像

好きなものを好きと言えること(前編)

子どもの習い事を最低限にして、本人の好きなことを深めるためにお金を使おうと決めた。

まだまだ迷いながらの判断だが、これはちょっと良いなと思えたのでnoteに残しておきたい。

自分の幼少期を振り返ると、ピアノ・書道・体操教室・スイミング・英語と色んなことをやらせてもらったけれど、残念ながら何一つ身になっていない。

みんながやっているから、やった方がいい
くらいの気持ちで始めて、
みんなと同じくらいできればいい
と何にも考えずに続けていた。

万事そんなふうだったから、習い事に通わせてもらえる有り難みを感じたのは、恥ずかしながら自分が親になってからだった。

どんなことでも、練習して上手になって、初めて楽しめるのだと思う。けれど色んなものを感情なく練習していると、どれもそこそこの器用貧乏が完成する。一応できるけど、胸を張って得意だと言えることは何もない。

良い大学も、良い会社も、幸せに直結はしていない。もしかしたら、入った方が幸せの確率はあがるのかもしれないけど、「良い」の定義なんて曖昧だし、簡単に移り変わっていく。

そうして考えていくと、私はあるイメージに行き着く。

たとえ異国の何もない草原であっても、人生を楽しめる人。身ひとつで、幸せを感じられる人。
親として支援すべきは、そこなんじゃないかと思う。社会がどうひっくり返っても、幸せを自分の中に持てる人。

でも、そういう人に育てるって、なかなか難しい。どんな力があれば、そうなれるのか。
コミュニケーション能力?
健康?
0→1の創造力?
レジリエンス?
いや、まずは好きなことを好きだと胸を張って言えることかもしれない。

好きなことを語る人は人を惹きつけるし、溌溂として健康的だし、好きなものから派生して創り出したりするし、嫌なことがあっても好きなことで立ち直れる。

人より苦手なことがあってもいい。それを補えるくらい、熱量を持って好きことが1つでもあれば良いと思う。

▷▷▷

前置きが信じられないくらい長くなったが、そんな想いを持って、息子とライブに行ってきた。息子が愛してやまない、ゆずのライブ。

私も夫も、そんなに音楽は聞かないし、ライブも人生で3回くらいしか行ったことがない。どちらかといえば苦手かもしれない。それでも、連れて行かなくてはと思うくらいの熱量が、息子にはある。

3歳から、なぜか猛烈にゆずを好きになり、CDを必死に聞くようになった。カーナビを自分で操りながら、曲を覚えていく。

娘のときとは違い、一緒にドリルをやったことすら1度もないのに、平仮名もカタカナも、まさかの漢字も読めるようになってしまった。

そろそろそういう時期だから…と半ば強引に教わる字と、これはなんて読むんだろう?と自分で覚える字では熱量が違いすぎるのだ。

曲名で覚えているから、「大」は読めないのに「栄光の架け橋」は読める、という不思議。ちなみに「大」は「ウン」と読んでいて笑った。

車の中で寝そうなときも、ゆずの曲をかけてイントロクイズをすれば、テンションは爆上げ。見ているこちらが癒されるくらいに、あまりにも大好きだから、彼の名義でファンクラブにも入った。

ファンクラブの通信が来ていないか気になり、毎日ポストを覗きに行くようになった。CDや送られてきた冊子を見ながら、一緒懸命に文字を書き写す。

「TOWA」「YUZU」…気がづいたらアルファベットも書いている。くねくねの文字を皆に見せながら、息子は誇らしげだ。

そんな状態の息子と、手を繋ぎ、ゆずのライブに出かけた。今思い返してみても、夢みたい。

興奮して熱を出すといけないから、ギリギリまでチケットを買えたことは黙っていた。行くんだよ、と言った瞬間、まん丸に開いた口が忘れられない。

▷▷▷

開演の2時間前に到着すると、ドームの前にはすでにたくさんのお客さんがいて、みんなグッズを身につけて楽しそうにしている。

息子にしてみたら、もうそれだけで嘘みたいな光景。ゆずが好きな人が列をなす姿は、パレードのよう。どこを見ても、楽しさがこみ上げてくる。

さらに、物販コーナーでキッズのTシャツやタンバリンを買う。並び直して、ゆずガチャまで!
もう、ライブは聞かなくてもいいかもしれない…とすら思った。あまりにご機嫌で、満足そうで。

この小さな子どもの世界が広がる瞬間を、目の当たりにしている。それは眩しく、愛しく、感動的ですらあった。

いるよ そばに いちばんちかく
いまは ただそれだけでいいから

私の心を知ってか知らずか、息子が歩きながらゆずの歌を絶妙なチョイスで口ずさむ。
やばい、泣ける、と思いながら、売店で買った熱々のチュロスを半分こして食べる。

開演まで、あと1時間。
長くなったので、後編に続きます。

✳︎後編はこちら
https://note.mu/okariday/n/nea45e1481c4d

#令和元年にやりたいこと
#子育て #好きなこと #ライブ #ゆず

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
61

ありのす/瞬殺飯と日々のこと

毎日起こるいろんなことを、食欲に変えてお送りします。料理より食べることが好き。よそのうちのリアルごはん、 #平日の瞬殺飯 は毎週金曜更新 ✳︎Twitter→ @twokari

私はママだから泣いているんじゃない

ワーママ的な雑記
3つ のマガジンに含まれています

コメント6件

たったひとつでも、これ!という好きなものを見つけて欲しい。私も最終的にはいつもそう思います。あれができるこれが苦手、どうしても親は、できないものを平均値に上げようと画策してしまう。でも違うんですよね。好きなことがひとつでも見つかったら、大成功だと思います。人生の彩りが変わりますよね。
息子くんの目の輝き、それはそれは美しかっただろうなぁ。
ちなみに私は中学生のときガチゆずっこだったので息子くんになんだか親近感です…!
読み進めていると何だか涙が出てきてしまって。。。と思ったら↑ようこさんも!!w
好きなモノへの情熱って、人の気持ちを動かしますよね。その情熱は何歳であっても大事にすべきだと改めて思わされました。
後半も楽しみにしてます♪
こっこさん ゆずっこだったんですね!!まさに、私は自分自身が平均点狙いの人生なんで、息子から気づかされることばかりです。楽しみは自分で掴みに行くんだって、彼の目に映っていたらいいなあ…好きなことを掘る人になってほしい。ゆずのグッズもCDも多すぎて、おねだりが半端ないのが頭痛いですが 笑笑
ひろみさん ありがとうございます🌷後編を書く気持ちが高まってきました⤴︎⤴︎ほんと、息子の情熱が羨ましいくらい。好きなものを好きでい続けるって難しいと思うので、とにかくのびのびとさせてあげたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。