好きなものを好きと言えること(後編)

✳︎前編はこちら
https://note.mu/okariday/n/na279c469d132
✳︎以下、ゆずドームツアーのネタバレを含みます

私たちの席はスタンドの上階で、思っていたよりもぎゅうぎゅう詰めだった。右にも左にもみっちりと人が居て、焦る。そうか、ライブはトイレにも立てないものなのか…!

とりあえず開演前に2回トイレへ行き、最善を尽くす。買っておいた自由帳を取り出し、めいろやゆずを描いてもらって時間を稼ぐ。その間も、ドーム内にはゆずの音楽がかかっていて、息子はご機嫌。3分に一回、私の方を見て聞いてくる。「ねえゆずきた?」

そんな地味な登場しねえよ!と思うが、「来るときはね、どーんって音が大きくなったり、暗くなったりするからわかるよ」とにこやかに繰り返し対応する。

隣に座る若い女性が、どうやら息子を嫌がっているので、足をバタバタしたりしないか細心の注意を払う。元々、反対側が1席あいていたようで、しばらくすると1つ向こうに移動していった。それを見て、ちょっと落ち込む。

そりゃそうだ。大好きなライブに集中するのに、見ず知らずの子どもの隣はきつい。申し訳ない。やはり、4歳にライブは周りに迷惑なんだろうか…無事に2時間半乗り切れるだろうか…気弱になっていく。

▷▷▷

開演時間になり、おもむろにラジオ体操第一が流れる。ゆずのライブでは恒例らしい。
「このこえはゆずのこえなの…?」完全なるおじさん声に戸惑いながら、息子は小さな手足で一緒懸命に体操の真似をする。真顔なのが可笑しい。まあ、いけるとこまで頑張って、無理なら今日は帰ろう。そう心を落ち着ける。

そこからは怒涛だった。
ゆずの2人が、華麗に登場する。遠い席でもちゃんと見える!場内に、美しく伸びやかな声が響き渡る。幻想的な演出効果もあり、実に神々しい。

「ゆずだよ、ゆず見えるね?歌上手だね?」興奮して至近距離で問いかける母親をよそに、息子は素晴らしい笑顔のまま、目も口も見開き硬直している。

その後、拍手をしたり、タンバリンを振ったり、見よう見まねで声援を送る。ああ、ライブの動画撮影禁止だとしても、息子の動画は撮らせてもらえないだろうか…そう思いながら肉眼に焼き付ける。

が。
開始20分後、あっけなく飽きる。
「まま、もうかえりたい」
…!
「おとがうるさい」
…!!!
「もうねる。つぎのうたになったらおこして」
…(白目)

4歳はね、所詮4歳。これはやっぱり何に付き添うにしても、肝に銘じておくべきだ。子どもは子ども。大人の思うようにはいかない。ハレの日だって、いつも通りにすぐ飽きる。

とりあえず膝枕して、好きな歌は起きたり、光の演出に見入ったり、だましだまし過ごす。私が生歌の美しさに魅了されていたから、正直まだ帰りたくない。

それでも周りの邪魔にならないよう、1時間くらいしたらキリよく帰ろうと腹を決める。グズグズモードで泣いてしまう前に。

「マボロシ」という歌が始まり、会場が青い光に包まれる。私は息子を膝に乗せたまま、噛みしめるように聴く。CDで聴くよりも、ずっと胸に響く声だ。ライブって、心地良いものなんだ。知らなかった。ああ、でもそろそろ1時間…

そこからが、さすがゆずだった。
息子の限界が来る前に、演劇コーナーが始まり、可愛い車に乗ってのメドレーがはじまり、瞳に輝きが戻る。指をさし、けたけたと笑う。

ゆずって、あんなに歌が上手くて、名曲をたくさん生み出して、それだけで充分すぎるのに、気さくなエンターテイナーなのである。

だから会場の空気もフラットで、若い人やカップルだけでなく、母世代のおばさま集団や子連れ家族、なんとおばあさんと中年男性の親子までいる。これってすごいことだと思う。私だって付き添いのはずが、息子を差し置いてすっかり魅了されている。

再びテンションがあがり始めた息子は、
マスカット
タッタ
サヨナラバス
栄光の架け橋
好きな曲のイントロが始まるたびに、ハッとして笑顔でこちらを振り返る。そして少し照れながら、小さく口ずさむ。

そうこうしているうちに、なんと2時間半が経っていた。一時は諦めかけた、ゴール。感無量だ。息子は、「ゆず、ばいばい、たのしかったよぉ…」と眉を八の字にして手を振っている。

そろそろ出ないとさすがに時間がまずいな…と荷物をまとめ始めたとき、アンコール2曲目で「少年」のイントロが流れた。ああ、エースコックの歌だ!懐かしい、と完全に油断した。

つまずく事もたくさんあるだろう
だけどただでは起きない心に決めてる
強くなんてなりたくない
自分らしく温かく生きていこう

いくら背伸びをしてみても
相変わらず地球はじっくり回ってる
今自分に出来る事をひたすらに
流されずにやってみよう

ぐわー
それ、それですね…!
葉が太陽を浴びて養分を取り込むように、私もゆずの歌から栄養を補給する。それだけ聴き終わると、渋る息子を説得してライブ会場を後にした。

▷▷▷

帰り道、ドームを出て、デッキを歩く。「たのしかったね。いっしょにこれてよかったね。パパに、つれてきてくれてありがとうっていう。」思わず、繋いだ手をぶんぶんと振る。「ママもめちゃくちゃ楽しかったよ。ゆずが大好きになったよ。ありがとう。」

そんないちゃいちゃトークをしていたら、後ろから若い女の子がやってきて、
「あの、これ、取れたんで。良かったら。」と、アリーナ席で取ったであろう虹色のテープを息子に手渡し、走り去っていった。ふんわりと優しい余韻を残して。

息子が私の目を見て、左手をあげる。
なにー?と聞くと、にっこり笑って「まま、ゆずライブ、せいこう」とハイタッチしてくれた。人生初ライブ、成功で良かった。

好きなことを、好きなだけ。
2019年は、家族のwishリストをひとつずつ叶えていきたい。身ひとつで、自分の中に幸せを。

#令和元年にやりたいこと
#子育て #好きなこと #ライブ #ゆず #ゆずドームツアー


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お読みいただき、ありがとうございます🙌
43

ありのす/平日の瞬殺飯など

1983年生まれ。毎日起こるいろんなことを、食欲に変えてお送りします@東京 よそのうちのリアルごはん、 #平日の瞬殺飯 は毎週金曜更新 ✳︎Twitter→ @twokari

私はママだから泣いているんじゃない

ワーママ的な雑記(ほぼ毎日更新)
2つ のマガジンに含まれています

コメント4件

こんにちは。前編読んで、後編も楽しみにしていたんですが、ほんとに素敵な体験を読ませてもらいました…!
息子さん、4歳なんですね。好きなものへの溢れる憧れとか希望とか、キラキラしたものが見えるようなnoteであたたかい気持ちになりました。
うわぁーーーー😭😭😭😭😭😭途中の4歳らしい飽き方から、最後のオチまで、なんだろう、全てが完璧すぎるほどに眩しいです……😭✨✨✨
そしてゆずのライブに行きたくなるという副産物を得ました。w
カエデさん こんにちは。そんなふうに言っていただけてとても嬉しいです🙌4歳の熱量は、すごいです。ハマる、という行為自体がキラキラして見えます🤩 彼の世界を広げるつもりが、自分の世界が広がりました。
ようこさん ゆずライブ、想像以上に良かったです!いつか認知症になってもゆずを聞けばにこにこできるんじゃないか?というくらい、息子との良い思い出になりました😇
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。