教育について

27
ノート

物理が好きで1浪までしたのに、数学ができなくて大学辞めたい話。

大学辞めたいって、なかなか理解してもらえないことが多い。特に浪人していると、時間もお金もかけたのに勿体無い!という感情が働くようで、さらに理解してもらえない。大学生同士でも、共感してもらえることはあっても、実際に本気で辞めようと思っている人はあんまり居ないような気がする。みんな、なんだかんだ言いながら通えているのだから凄い。

辞めたい理由は人それぞれだけど、一番多い理由は学業不振や無関心で、これ

もっとみる

「よく考えれば解けるぞー」の数学教育はほぼ無駄

「この問題、よーーく考えれば解けるぞー!頑張れー!」

こういうの嫌いです。
特に数学はこの指導が多くて嫌になります。

数学LOVEな数学教育者はよくします。塾系教育者は無駄と言います。
僕もまぁ無駄だと思ってます。

どうも地方で数学の私塾を営んでいるオカサカ(@okaskaR)です。

なぜ数学で特にこの「よく考えれば解ける」を言われるかというと、
数学はどの科目よりも「論理的」かつ「解き方

もっとみる

本当のことを書くのは難しい

こんにちは。野本です。

私は編集者なので、仕事柄、他の人の原稿を読むことも多いのですが、なかには、「あなたは本当にそう思っている?」とツッコミたくなる文章があります。

なぜ思考停止になるのか

そういえば、子供が日本の公立小学校からマレーシアのインターナショナル・スクールに来て「初めて作文で本音を書けるようになった」といってました。

日本で「運動会はつまらなかった」と書いたところ、「準備した

もっとみる

家族で初めて大学進学した女子だった私

"「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由"

田舎から東大に行った方のゲンダイの記事が話題になっています。どうやら事実とは微妙に食い違っているらしい田舎の描写にも突っ込みどころが満載なのですが、こちらの記事とは別の観点で、私自身が都会で格差を感じずにはいられなかった幾つかの出来事と、その私の後の進路を書き記しておきたいと思います。

あくまで私個人の体験ですが、今後地方から大学進学する

もっとみる

「勉強しろ」と言わない親が作るべき環境とは

地方で学習塾をしているオカサカ(@okasakaR)です。

塾で子どもたちと日々向き合っていると、幼児教育というか環境って大事だなぁとしみじみ感じます。

塾をやっている僕ですが、教育に価値があると思って塾をしているだけで、勉強至上主義ではありません。
そもそも我が家の方針も勉強勉強でもなかった。
だから、親に勉強しろと言われず育ちましたし、塾に行けとも言われませんでした。
習い事と言えば、高校

もっとみる

過疎地域の教育の未来と塾事情

2017年春に数学塾を開業しました。塾長のオカサカ(@okasakaR)です。
場所は兵庫県の端の端、ご多分にもれず過疎と少子化に嘆く地域、新温泉町。

(ちなみに新温泉町は人口減少で韻を踏めます。)

そんな田舎町で開塾した私ですが、
田舎の教育事情について思うことがあるのでつらつらと書いていきます。
特に田舎の教育事情を考えている方には考える種になるかなと。

目次
・商売エリアと筆者プロフィ

もっとみる

全く新しい地域教育「キミワク」はじまります。

今年の2月に発案して、一緒にワクワクして取り組んでくれている教育プロジェクト「キミワク|キミのチャレンジにワクワクする人がいるプロジェクト」

いよいよ開始の時がきました。

世界ではじめての取り組み。
青少年が自分のワクワクのために、自分のチャレンジを発表し、
そのチャレンジにワクワクした人が資金や協力の手を差し伸べる。
地域の人たちが青少年のワクワクを支援する。

そんな素敵な仕組みが日本中に

もっとみる

【キミワク】地域・教育・ファンド系支援事業のポジショニングマップ

追記2018/06/19:参加者募集ページできました。https://peraichi.com/landing_pages/view/kimiwaku

----------------------------------------------------------

兵庫県新温泉町で教育とまちづくりをやってるオカサカです。

新温泉町でキミワクという地域教育プログラムをスタートするにあたって

もっとみる

実はシンプルな交渉のコツ

是非知っていてほしい交渉のキホン

第2回の note の投稿は、弁護士業務の中でもバリューの高い(そして楽しい!)交渉の話。

交渉の話は、第1回のやる気の話と同じく、note を始めるきっかけとなったトピックです。是非ともシェアしたい。

人生は交渉

交渉というとビジネスのイメージが強いと思いますが、実は世の中は交渉で溢れています。

夫婦でごみをどっちが捨てに行くかも交渉、部活でトレーニン

もっとみる

当たり前を疑う自分でいたい。

常々そう思っている。

そして、この「当たり前」には2つの意味があって、それが【自分の当たり前】と【世間の当たり前】だ。

そもそも「当たり前」ってなんだ。

▶︎当たり前
名詞|①だれが考えてもそうであるべきだと思うこと。当然なこと。また、そのさま。②普通と変わっていない・こと(さま)。世間なみ。なみ。

「だれが考えてもそうであるべきだと思うこと」

わーお、驚いた。そんなことが存在して

もっとみる
ありがとうございます!あなたの記事も読ませてもらいます!
9