おかちゃん / 岡部千幸 Chiyuki Okabe

こっちメイン http://okachang.daa.jp/

AboutFace3より、ペルソナ構築のやり方

はじめに

最近、レア本を手に入れた。AboutFace3である。一般販売価格は7000円程度。私が買ったのは12800円。今はもう書店で買えない本のため、仕方ないとは思いつつとても高い本だ。。。

しかしこの本はアプリケーション開発のデザインに関するバイブルと言ってもいいような内容だった。そこで、本書のペルソナに関するTipsを紹介する。

ペルソナとは

調査結果を使ってユーザーの特徴を説明す

もっとみる

突き詰めたものづくりをする

筐体設計とUI設計の違い

学生時代、立体のプロダクトデザイン学科にいました。
ゼミの仲間達がシロモノ家電のデザイナーになったりカーデザイナーになったりするような環境で、青春とは言えないような泥臭い制作の日々を過ごしていました。造形力のない落ちこぼれタイプではありましたが、毎日スタイロまみれになってた思い出が...懐かしいです。

そんな私が、IT業界に飛び込んで感じた違和感の1つに「1度のリリー

もっとみる

デザイナーがディレクションする時の三か条

ディレクターになったことはないですが、デザインしつつディレクションもどきをしたことは何度かあります。今まさにそんな業務を行なっています。その時に意識している三か条を紹介します。

デザイナーがディレクションするのはどんな時?

3年半くらいのデザイナー歴の中で経験したのは、主に「自分の作ったデザインを実装してもらう時の調整役」です。エンジニア・CS・プロモの方々にデザインを元にスケジュールやクオリ

もっとみる

デザイナーの君が、チームでしたい働き方は?

私は趣味で音楽を聴いている。特に、日本人アーティストの演奏を聴くことが好きで、よくyoutubeなどで動画を見たりもしている。

私がたまに観るアーティストの1人に神保彰がいる。彼はカシオペアという神様のようなバンドに属しながらも毎日欠かさず3時間ドラムの練習をし、その練習内容通りに演奏している。が、逆に「アドリブに弱い」とも言われている。

私が学生時代の時は、セッションのできる奏者こそかっこい

もっとみる

熱意を失ってしまった、デザイナーに告げる

半年前に転職をした。それから、転職に関する相談を飲みの席などで受けることが増えた。悩みは様々だが、相談してくれたほぼ全員が知り合った時のキラキラした表情からくすんだ顔色に変化しており、熱意を失っていた。
その時いつも私が話すことを、まだ見ぬ後輩デザイナーに話す日がくるのだろうと、最近考えている。そこで、備忘録としてまとめることにした。

君は、どんなデザイナーになりたかったのか

私は、学生時代か

もっとみる