Keiko Ookura

シュガークラフトをつくっています・たまにコンサートを聴きにいきます・反原発デモに参加します・ときどき自分の年を自覚します^m^

私にとって昭和は昨日…戦争はついこのあいだ…

東京都中央区日本橋浜町2丁目の都電停留所の前に、母の実家の佃煮屋「鮒正」がありました。父は出征していたので、祖父母・母・妹(2歳)・私の5人暮らし。

昭和20年3月9日 焼夷弾が雨のように降り、2階のもの干し場が崩れてきたとき、病気で寝たきりの祖父は起き上がり胡坐をかき腕組をして毅然といいました「俺はここで死ぬ!お前たちは逃げろ!」

火に追われて逃げた橋の上で立ち往生、川の両岸は火の海。舟が転

もっとみる