6万PVでアドセンス50万超えするまでにやったこと[第1部]

軽い気持ちでつぶやいたら予想外に反響あったので、乱文ですが早めに公開しようと思います。ちょっと長くなりそうなので分割しました。


1部として「基本となる考え方」

2部で「リライトで収益を上げやすい記事の探し方・クリック単価と率を上げるリライトのやり方」

3部で「私のサイトで、5000PVで毎月安定して5~6万稼いでくれる記事の構成を紹介」


いきなり「アナリティクスでこういった指標の記事を探して、こうやってリライトすれば上がるよ!」って言っても、今回限りしか効果出なくなってしまうので。
まずは考え方から入ってます。

核心部分だけ知りたかった方は、すいませんが少々お待ちください。


===目次===
はじめに
1.基本的な考え方
2.クリック率・単価が上がるのはどんな時?
3.テクニック的な話
4.私の貼り方
5.さいごに

次回に続きます(1/27あたりを予定)
========


はじめに

まず最初に勘違いを防ぐために言いますと、私の運営サイトはジャンル特化アフィリエイトサイトです。

「貼り方とか細かいこと気にせず、PVガツガツ増やして稼ごうぜ!」って方針の人とはかなり考え方も異なります。
どちらが正解というのは無いので、こういう考え方もあるんだな〜くらいで見てもらえれば幸いです。

とはいえ、知り合いの雑記ブロガーさんにアドバイスしたところ1ヶ月でRPM数倍になったので、応用は効くはず。


できれば画面も載せたかったのですが、G関連のスクショについては色んな意見があるので今回はナシとしています。

大まかな数値は公開OKらしいので、直近のとある月のデータを記載します。

・収益:50万
・ページビュー:6万
・ページCTR:8.7%
・ページRPM:8500

もしお会いする機会がある方は、言っていただければ画面見せますー。


1.基本的な考え方

「広告主(広告を出してる企業)の利益を第一に考える」
「ユーザーの利便性は損なわず、クリック数を最大化させる」

色んなところで既に言われてるノウハウかもしれませんが、これが全てです。
裏ワザも無ければ、違反っぽい貼り方もしません。


あと、「金稼くぞ!!」って気持ちは、もちろんモチベーションとして持っててよいのですが。あまりそればかりになると、広告増やしまくったりして逆に収益落ちることになるので要注意。

(実際やらかして、全体のクリック単価が半減してた時期があります。)


2.クリック率&単価が高まるのはなぜか?逆算で考える

アドセンスのテクニックを検索していると、「この貼り方が最高!」や「リンクユニット良いよ!」って記事も多いですよね。

サイト運営を初めたばかりの頃はやり方も確立していませんし、まずは上手くいってる人を真似るほうが覚えも早いでしょう。

ただ、そういった情報が本当に自分のサイトに合っているかどうかは、ある程度サイトが育ってきたら見直したいところ。

テクニックから脱却し、本質部分へ。といった感じですね。


2-1.クリック単価が高くなる理由と背景

クリック率やクリック単価ってどういう条件が揃えば高まるのか?

これを逆算するには、そのクリック単価を支払っている人。つまり広告主(広告を出す企業)の立場になって考えます。

広告主は、クリック数が欲しいわけじゃありません。欲しいのはユーザーの購入・申込。

なので、ユーザーが購入・申込までいく可能性の高いコンテンツのほうがクリック単価も高くなります。

ユーザーの利便性と、広告主の利益を考えることが最重要ポイント。


2-2.どんな記事でどこに貼ればクリック単価が上がる?

これを決めているのはGoogleなので、答えは誰も分かりません。

ただ1つ言えることは、Googleは広告主から収益を得ているので、広告主に有利なロジックを組んでいるはず。

購入・申込に近い部分を判断し、クリック単価を高めていると思われます。


私の実体験ですが、「ネガティブなことを書いている批判寄りの記事」では、貼る場所や広告ユニットをいくら工夫してもクリック単価は低いままです。【20円前後】

逆に、広告を出している「A社」がいて。そのA社をオススメする内容の記事では、クリック単価は時間とともに右肩上がりになりました。【150円前後】
私のサイトから購入・申込が発生しているため、徐々に単価が上げられたのかな?と推測しています。


2-3.このケースはクリック単価が高い?低い?

ここまでを踏まえてちょっと事例を2つほど。


・楽天カードを説明している記事に出る"楽天カード広告"【クリック単価高い】
・一般的な節約記事に出る"楽天カード広告"。

これだと、前者から来たユーザーのほうが明らかに成約することが分かっていただけるかなと。


・記事の一番上にある広告
・記事の一番下にある広告【クリック単価高い】

これも、広告主の立場から考えると自然と見えてきます。
クリックから成約する確率が高いのは、記事をちゃんと読み終えたユーザーです。

※記事上部のほうが成約しやすい商品・ジャンルなどは、また違う結果になると思います。


2-4.高単価のジャンルは決まっているか?

どのジャンルが高単価とは決まっていません。

広告を出す企業が「高い広告費払ってもお客様を獲得したい!」と思えば高くなります。また、競合企業が多いことも高くなる要因の1つです。

その一例として、不動産、金融、脱毛などのジャンルがあります。

ちなみに女性の方で、脱毛関連や美容・エステといった記事を書いていると、その記事だけクリック単価が高かったりしませんかね・・・?


3.テクニック的な話

3-1.アフィよりアドセンスのほうが高い収益になることも

アフィ広告のほうが稼げるって聞いたからアフィ広告貼ってるのに、クリックされるだけで全然成約しないよ!って悩みがある場合。
アドセンスに変えることで大きな成果につながる可能性もあります。

私の場合、アフィで5000円の案件があっても、あえてアドセンスを貼っている箇所があります。
その案件はアフィだと100クリックで成約1件ほどなのですが、アドセンスだと1クリック80円ほど。

それなら100クリック×単価80円=8000円をアドセンスから得たほうが高くなるためです。


3-2.アフィ広告と同じように、成約を目指して貼る

クレカや脱毛のように、何らかのジャンルに寄った記事であれば、そのジャンルの広告が出る確率も高くなります。

例えば「脱毛を始めるなら●月頃からがおすすめです〜」みたいな言葉の下に、成約させるつもりでアドセンス広告を貼っておく。

そこに何らか脱毛サロンの広告が出れば、クリック率・単価どちらも高まるといったイメージです。

これは、記事でおすすめしてる商品がアフィリエイトに無いけど、アドセンス広告には有る。といった場合に特に有効。


3-3.狙った広告を出してクリック率・単価を高める

自分のサイトや、競合サイトなど眺めていると、いつも出てくる広告ってありませんか?
「よく見かけるってことは、この企業がクリック単価高めにしてるのかも」って予測がつきます。

例えば10回中、5回「○○社」、4回「◆◆社」の広告が出るような場合。

その出現しやすい企業2社にスポットを当ててリライトすると、クリック率・単価ともに自然と高まります。

これはジャンル特化サイトや、ある程度テーマ絞ってるサイトに適した手法です。


4.私の貼り方

よく言われるようなテクニックと異なる部分も多いので、ご参考まで。

・スマホのファーストビューには貼らない
・リンクユニットは基本使わない
・必要がある箇所のみ貼る。1つ目のh2手前など、決まったルールでは貼らない。
・記事下には貼るようにしている。ただしアフィリエイト広告にユーザーを誘導したい場合は、記事下アドセンスは非表示にする。
・記事ごとに貼る場所や、広告ユニットをテストして、一番適したものを貼る。
・結果として9割ほど「レクタングル大」になっている。


5.さいごに

ざーっと書いたので、まとまってないけど一旦公開します。
普通にネット探せば出るレベルじゃない?って気もしますが、無料なのでご容赦を。

あと、偉そうに書いてますがプロでもなんでもないです。
これって違うんじゃない?といった意見など大歓迎ですので、むしろ教えてください!

次回は「クリック単価と率を上げるやり方」として、アナリティクスでどういう傾向にある記事をリライトするか?アドセンス広告のABテストはどうやって進めていくか?など書こうと思います。


最後に宣伝(すいません募集自体は終わってます)
1月24日に千葉セミナーで、少しお話させていただく時間枠もらってます。もし参加予定の方いましたら宜しくお願いします^^

https://punikok.com/archives/1489

では、第2部も早め、、、1週間後ぐらい目指します^^;


<1/19追記>

本業の都合もありまして、第2部は1/27前後になりそうです・・・。

もしお待ちくださっていた方がいましたら、すいません!


<1/21追記>記事内にアドセンスタグを貼るときの注意!

wordpressの新エディタでは、新規投稿・更新のいずれも、アドセンスのタグが改変されるようです。

今のところ、1つ1つタグを貼るなら旧エディタのほうが無難です

新エディタにバージョンアップした方は、旧エディタに戻せるプラグイン「Classic Editor」を入れることで解決できます。

リビジョンの比較が、こんな風になってしまいました。
↓ ↓ ↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

436

oki [@yaton2017]

『ネットビジネス』

ネットビジネス関連の優良なnoteをどんどん追加していきます。 初心者向けから中級者向けが多くなると思います。 基本的には無料のnoteがメインです。 例外的に、質が良いものやお買い得なものも加えます。
6つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。