見出し画像

支援事例「NZ 蜂蜜の商品開発と販路 どう進める?」

夫婦の存在 ブランド化

◆ 企業名 Honey Fusion
◆ 業 種 マヌカハニーの輸入販売、オリジナル商品販売
◆ 所在地 豊見城市
◆ 創 業 2018年
◆ 従業員 3人


【相談】
 ニュージーランド出身の夫と沖縄出身の妻とで、ニュージーランド特有のマヌカハニーを知人養蜂家から直接輸入し、卸・小売り販売をしたい。ブランド名、販売価格、県外への販路なども決めなければいけないが、どのように進めていけばいいか。


【回答】
 マヌカハニーとはニュージーランドのマヌカの花の蜜から作られ、この蜂蜜だけに多く含まれる殺菌成分「食品メチルグリオキサール」が大きな魅力である。ご相談に応えるためによろず支援拠点では複数のコーディネーターでチーム支援を実施した。
 自社の強みや独自性をたくさん出していただく過程で、マクブライド・グレン氏、直子氏のご夫婦の人柄や、お互いの国をとても愛していることの素晴らしさが際立っていた。 マヌカハニーと沖縄の手作りバターを融合させたマヌカハニーバターを開発して今年10月にデビューさせたが、ご夫婦の存在と考え方そのものがブランドであることを確認して、商品名は「Nao&Glenn」とした。
 価格設定は適正な利益の販売価格でなければならない。ニュージーランドから直接買い付ける本体原価、輸入費用、パッケージ代、そして自社の人件費を入れて売上原価とし、卸販売を想定して利益が出る販売価格にした。
 県外販路の展開に関しては、希望された百貨店に出す提案書の作成を案内した。マヌカハニーのすごさを実績と数値で表現。自社の具体的な取り組み姿勢、この百貨店を希望する理由、どんな顧客に食していただきたいかを明解に書き、作成した提案書で商談に臨んだ。
 百貨店への出店が決まり、その後初の県外催事出展も実現し、マヌカハニーバターを中心に成果をあげた。ご夫妻の熱い思いが新たなブランドを作り、今後も沖縄の素材とのコラボレーション商品が計画されている。またネット販売強化を専門のコーディネーターが入り進めている。
 県内では「宜野湾市ハッピーモア」、「ファツションキャンディ宜野湾本店&那覇店」「那覇市桜杏」で販売している。問い合わせは、Honey Fusion
電話098(852)2003。
(県よろず支援拠点コーディネーター・野口正幸)
※掲載内容は相談者の承諾を得て紹介しています。経営者のあらゆる相談を無料で受け付けます。相談は同支援拠点、電話098(851)8460。またはお近くの商工会へお問い合わせください。

https://yorozu.ti-da.net/e11323822.html


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

沖縄県よろず支援拠点

「よろず支援拠点」は、中小企業庁が全国に設置している無料の経営相談所です。 中小企業・小規模事業者、NPO法人・一般社団法人・社会福祉法人等、中小企業・小規模事業者に類する方、「創業予定の方」のご相談、お待ちしています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。