「ミニストップ 神田錦町3丁目店」に行ってみた

こちらの実験店舗に行ってみました。今回はコンビニです。

場所はここ。小学館が近くにありました。

ここは、実験店舗で唯一、ダイナミックプライシングをやってない店舗です。実際、LINEの通知でも何も来ません。

で、その理由は現地に行くと納得です。

飲料しか置いてませんでした(笑

そりゃ、値引きは発生しないですよね。なんか、納得。

しかも、常温のこの棚の商品には電子タグはありますが、冷蔵ケース内のどう商品は電子タグなしでした。

電子タグはこんな感じです。控えめながら、警告が見えるように貼るのがルールのようですね。

・・・ここまで限定していると、実験の目的を考えちゃいますけどね(^^;;

でもまぁ、設備の構成をみるには丁度いいので色々と撮ってみました。

こちらは電子タグの読み取り用かな。

で、これが来客を撮ってるカメラですね。

ここにある広告最適化用と思われるスマホはまたも反応しませんでした。・・・なんだろ、何か間違っているのかな?


あと、セルフレジがあったので試してみました。これはこれで便利ですねー。

という事で、なんというかモヤモヤが積み上がっていく感じですが、実験なのでしょうがないかなー(ホントか?w

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

「ミニストップ 神田錦町3丁目店」に行ってみた

okiyasu

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

okiyasu

これからの「小売店舗」の話をしようよ!

元スーパーマーケット経営者で、今はIT業界にいます。 AmazonGo弾丸ツアーをしたり、リテールテックに毎年行ったりと、色々と活動しております。 Z80アセンブラやJICFSやASINなど、システムと小売業を見てきた目線で次世代小売店に関する話題をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。