大海

旅する旅人

眠れない夜と記憶

何もかもが満たされた夜。 という訳でも無いのに、眠れない夜がある。 「なつかしいな。」 「ありがとう。」 「ごめんなさい。」 シュラフの中でもぞもぞしながら 今...

0

確実に出す、たったひとつの冴えたやり方

「サバク旅行のトイレ事情」 というものを、今回はお話ししたい。 まず、小に関してはプラティパスという、 プラスチック製のぺちゃんこになる容器にテントの中でしてい...

0

夢と日常

水もある。 食糧もある。 ストーブの燃料もある。 GPSも正常に作動している。 身体に異常は無い。 それなのに、ふと漠とした不安を人に抱かせる何かが、 沙漠にはあ...

0

夜明け前

突然の激しい身体の震えに、僕は目を覚ました。 テント内に吊るしてある気温計は「−18℃」を示している。 慌ててガソリンストーブを焚く準備を僕は始めた。 ここまで寒...

0

出発

フグスグル村へ向かう車のドライバーのおじいちゃんは、 これまでの生涯で計二回程の運転実績を誇っていると思われた。 ハンドル捌きが明らかに普段から運転している人間...

0

東の町にて

フグスグルという名前の村を、旅のスタート地点にしようと 宿のフロントの女の子にそこまで乗り合いバスが出ていないかを尋ねた。 今日村へ行く車があり、 「20000...

0