見出し画像

「ひろい宇宙へはばたいて行け」・・・・「無敵超人ザンボット3」とは。

「機動戦士ガンダム」が放送される前のお話です。

富野監督は「無敵超人ザンボット3」というアニメを手がけました。
当時ボクは中学生で、
「マジンガーZ」がロボットアニメの代表格と信じていました。

友達に教えられて、「ザンボット3」を見たら、驚きました。
それまでのロボットアニメとは違うのです。
いや、すでにロボットアニメという「くくり」ではいけないのです。


「機動戦士ガンダム」から、富野監督作品を見始めた人が
「ガンダムは素晴らしい」というのはわかるけど
「ザンボット3」まで、遡って見てくれた人は何人いるのでしょう?

「ガンダム」は評価され、続編が作られ続けて、今に至るし
名古屋テレビの同時間の放送枠でも、富野監督の作品が
次々に放送されました。

でも、「ザンボット3」の事を聞いたことがないのは、すこし残念です。

「富野作品の第1作(?)なのに・・・」
「あんなにいい作品なのに・・・」
「初回を飾るほどの出来の作品なのに・・・」

誰かが言っていましたが、
「自分の爪あとを残すために生きている」人も多いでしょう。
富野監督も「ガンダム」で残せて、満足かもしれません。

でもボクは、ボクのように「ザンボット3」を知ってるやつには
「正当な評価がほしい・・・」
「彼はこんな作品もつくたんだ。」
「ボクたちは見たんだ、すごい作品を・・・」
そんな風に自慢したい気持ちがあります。抑えられません。


「主人公(おまえ)たちがいるから、敵が来るんだ」
「おまえたちは出て行け・そうすれば・・・」
こんな台詞、いままでのロボットアニメには出てこなかった。

そんな風に、ボクに戦争の悲惨さなどを教えてくれたこのアニメは
もっと認知されていいはずなのに・・・


それが「無敵超人ザンボット3」というアニメのすごさです。


今なら、見ようと思うものは見られると聞きます。
ぜひ1度お試しあれ。

絶対、期待は裏切らないと思いますから・・・

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ブルーライト浴びすぎてないですか? ファミコン1日1時間、パソコン1日好きなだけといいます。 そんなに書けないけど・・・また読んでください。

も、スキーと・・・ウケないよね。やっぱり。
1

おまえ

いままで、人と話をするときに、話題提供が出来るようにと 人が知らない情報ばかりを、入手してきました。 相手にされないことも多かったけど noteで書いたら皆さんに評価されることも多いようです。 ボクの世界にようこそ・・・

素直な気持ち

偽らざる気持ち
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。