澤田 典宏

小説『お前らは現実とゲームの区別がつかない』(イラスト:記伊孝、ブックデザイン:NC帝國、発売:ジュリアンパブリッシング)公式アカウント。小説本編を連載中。※ウェブ版と書籍版は内容が一部異なります

11-1.二日後。

二日後。病院のベッドで目覚めた俺の前には、付添用のイスに座って居眠りをする母親がいた。

 なじりながら、泣きながら話す母によれば、俺は一昨日の深夜、自宅近くの路上で昏倒していたところを通りすがりの会社員によって発見されて、この病院に搬送されてきたらしい。

 俺のスマホは落下の衝撃で壊れてしまっていたと母は言った。

 意識を失って倒れたときに頭を強く打たなかったことが幸いしたと医者は言った。

もっとみる

10-6.「――ゲームオーバーだ」

「――ゲームオーバーだ」

 ユウジはスタンガンをゆっくりと持ち上げ、自分のこめかみに押し当てた。

 できの悪い映画みたいなスローモーションでユウジが崩れ落ちると、部室は急に静かになった。俺はなにも映さなくなったモニタの光に照らされながら、ぼんやりと立ちつくしていた。なにかをしようという気力もわいてこなかった。

 でも、そんな静寂も、校舎のスピーカーを通じて流れるパペットマスターの声で破られる

もっとみる

10-5.細長い影がゆらめいた。

ユウジの細長い影がゆらめいた。

「ここから考えられる可能性は、ただひとつ。おまえと兄貴はふたりでひとりを演じていたんだ。少なくとも、このアルミの世界では」

 俺は息を整えながら、ユウジの言葉を待った。目の端に見えたパソコンのモニタ上では、視聴者がチーム・ジェミニィの不正を糾弾するメッセージが次々と流れていく。

 できれば、ユウジにはここで負けを認めてほしかった。これ以上の追求は虚しいだけだか

もっとみる

10-4. あの記号は、今日のゲームで俺たちが通った軌跡じゃないのか?

あの記号は、今日のゲームで俺たちが通った軌跡じゃないのか?

 俺はペンを回しながら、考えられる文字の組み合わせをメモに書き出していく。

 ・hhmt(スタート地点のローマ字表記から頭一文字)

 ・nnst(スタート地点の英字表記から頭一文字)

 ・hhmt(行かなかった方角のローマ字表記から頭一文字)

 ・nest(行かなかった方角の英字表記から頭一文字)

 手が止まった。

 ようや

もっとみる

10-3.背中を強引に壁から引きはがした俺の目に、踊り場の床で鈍く光を反射する物体が映る。

背中を強引に壁から引きはがした俺の目に、踊り場の床で鈍く光を反射する物体が映る。スマホのライトに照らし出されたそれは、よく見ると一枚の紙を挟んだ透明なプラスチックの板だった。

 俺は板に近づいて、つま先で蹴ってみた。接着剤で床に固定されているのか、一ミリも動かない。間に挟まれた紙には、直線だけで描かれたUのような記号が黒インクで描かれていた。

 休み前にこんな板を見た記憶はない。つまり、この板

もっとみる

10-2. メッセンジャーを閉じて、またペンを回し始める。

メッセンジャーを閉じて、またペンを回し始める。トシは、俺が問題を解く時間と、トシ自身がこの情報をまとめる時間の両方を確保するやり方を選んだんだ。

『選択まで殺してはいけないのだよ』

 ヒロムが脱落したとき、トシはそう言った。大丈夫。心配すんなって。俺たちならできるさ。

 ペンを回す速度が上がる。目に見えているものが、すべて真実とは限らない。

 前提を疑え。疑って、すべての前提を引っくりかえ

もっとみる