東京のラーメン/目次

 はじめに

最初に言うならばこの記事はラーメンフリークの方用の記事ではありません。

ラーメンフリークの方々から見たら「そんなの知ってる」だとか「その程度の情報か」と思うのは至極当然のこと。
何故ならこの記事は、東京ラーメンを食べ歩き慣れてない人向けに作った記事だという事を先に申しておきますので悪しからずご了承下さい。

Twitterなどで見て頂ければわかる通りボクは根っからのラーメンっ喰いであります。
否定したいができる余地がないということはいうまでもなく自分の行動で証明してしまっているわけで。
元々というか根本にあるのは自作のラーメン勉強、それに付随する探求の為の食べ歩きなのだが色々な店を廻っているうちにやはり好みの味と、そうでないモノとに分かれてくるってのは至ってシンプルな道筋。

まぁ井戸端会議的な。
あくまで情報発信とか大それた話しではなく、街角の立ち話的な。
気軽に肩の力を抜いて読んで貰えたら幸いなこと。

なので身銭を切って食い歩いときました。

完全に自分の財布から出して、自分の独断で誰に指示をされたわけでもなく食べ歩いてます。

なのでランキングとかではありません。
無論店側、雑誌やメディア媒体からの依頼ではありませんのではじめに悪しからず申しておきます。

濁流のように流れてくる専門誌の多過ぎる情報や迷宮のようなインターネットの世界

ラーメンを食べ歩いていたり地方から来て美味しいラーメンを探そうとしたりする時に手にするのはやはりラーメンの情報を専門に扱った情報誌。
それと特集を組んだインターネットの記事。
果ては某ログや某データベースに行き着くの誰もが通る道な筈だが、
どれを手にしても誰もがこう思うはずだ。

わ か り づ ら い。

インターネットに関して言うと、醤油や煮干しや塩など全部がごちゃ混ぜになってしまっていて何が何やら分からないとか評価は高いけど舌に合わなかったなんてことはザラだ。

情報誌に関して言ってみれば、情報を大量に与えられたのは良いがどんな店が自分の食べたい味かがイマイチ、否イマサンくらいでわからない。

結果もうわからないから、と見開きでとても美味しそうな特集が組まれている店に行ってみるとよもやの━━━━

大 行 列 

ってなもんで、
泣く泣く退散して近くのチェーン店へ。
なんて経験ある人も少なからずいるのではないだろうか?
そうなのだ、情報の濁流とはこのことなのだ。
情報を手にしても使い切らない。
何処へ行ったらいいか分からない。
結果運に任せる━━━━
こんなことのないように……

まずは東京のことを書いてみました。

元々、ライターでも何でもないし何処に雇われてるわけでも買収されてるわけでもないが、ラーメン屋の食べ歩きは昔からしていることなのでその束になった情報をまとめて自分が「美味い」「行って良かった」と思った店をチョイスして下にまとめてあります。

これは、自分が相当数の店舗を食べ歩いてつまずいた結果の記事なのであります。

思いもよらぬトラブルなどに見舞われたことは数知れず。
そういう経験から各種5店舗だけを厳選してあります。
余りにも辺鄙な場所や、行列がキツかったりする店舗は避けて都心からなるべくアクセスの良い店舗を選んであります。
そしてなるべく入りやすく、いい思いをして貰いたいという一心で考え抜き再度訪問して味や接客も確かめた上で記事にしてあります。

それでは御託はこの辺にして、ボチボチと身銭を切った東京ラーメンの旅へ出掛けてみることにしよう。

東京都内の方もそうでない方も、
一人でも多くの方がどうか美味しい目にあわれることを、と願掛けしながら。

目次

※店名をクリックすると独立した紹介ページへ飛びます。

・醬油ラーメン5撰

ラーメンの基本である醤油ラーメン。
見た目の綺麗さも食のうち。
そして醤油の深みと鶏やその他の出汁の美味さを味わうモノ。
新機軸から王道まで自分が思う東京の醤油ラーメンを推挙してみた。

「東尾久/RAMEN にじゅうぶんのいち」
「東十条/麺処 ほん田」
「仙川/中華そば しば田」
「池袋要町/麺処 篠はら」
「水道橋/中華そば 勝本」

・塩ラーメン5撰

塩ラーメンは特にシンプルでスープがモノをいう部分が多い。
鶏の旨味が基礎となる綺麗な細麺の清湯スープ。
塩ダレやスープの引き方が丁寧な店、新機軸や王道のこれぞ塩ラーメンなんじゃないのかなーって店をオススメする。
特に、塩ラーメンは強く打たないと響かないところがあるのでこれはと思う店を厳選した。

「神田/塩生姜らー麺専門店 MANNISH」
「池袋/塩そば専門店 桑ばら」
「蓮根/らあめん 元」
「江古田/麺や 金時」
「曙橋/麺庵 ちとせ」

・味噌ラーメン5撰

残念ながら東京味噌というジャンルはまだ確立されてはいないが、東京でもオリジナルなスタイルにこだわる店、そして王道の札幌系から山形の赤湯までここぞという味噌を並べてみた。

「武蔵境/東京味噌らーめん 鶉」
「足立/田中そば店」
「野方/味噌麺処 花道」
「中野/麺や 神笑」
「船堀/大島」

・豚骨ラーメン5撰

豚骨といえば博多長浜や熊本など九州で食べるのが妥当かと思う。
でもせっかく東京にいるんだもの。
東京でシノギを削っている豚骨ラーメンを数店舗紹介しておくとしよう。
東京の豚骨ラーメンも中々ヤルもんですよ。

「方南町/濃厚ラーメン かなや」
「目黒/あの小宮」
「中野/無鉄砲」
「足立/いっき」
「中板橋/愚直」

・魚介動物MIXラーメン5撰

魚介の旨味がフワッと立った豚骨ベースのWスープ。
東京都内でも大勝軒やべんてんといった名店がたくさんある中、自分の好みである五店舗を挙げてみた。
魚介動物は麺の旨さをしっかりと味わうモノが多いように思う。

「東十条/自家製麺 燦々斗」
「練馬/RAMEN GOTTSU」
「上板橋/魂の中華そば」
「中野/麺や はし本」
「駒込/麺屋 ごとう」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

43

東京のラーメン

東京のラーメンを自腹で食い歩きました。 醬油、塩、味噌、豚骨、MIXのオススメ店舗を気軽に書いてます。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

すごいですね!アリタさんのラーメン愛、ラーメン熱を感じる素敵な記事。私はそんなにラーメン食べに行かないけれど、アリタさんに教わった桑ばらはときどき行くようになりました。(裏そばはまだ食べたことないですが)
ありがとうございます有賀さん。ラーメン作るのが好きなので結局はたくさん食べる羽目になるんです。その結果、山積した店舗情報がたまっていくばかりなので少しでも皆さんの目に触れられる機会を作れたら面白いと思いましてー!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。