見出し画像

復興を応援する時に少し気にかけること


熊本地震から今年で3年が経ちます。熊本地震は熊本、大分を中心として九州各地に大きな被害をもたらしました。熊本城は現在も修理が進められており、修復完了までにはまだ暫く時間がかかりそうです。

復興応援する時に少し難しく感じるのは、例えば絵を描いたりして復興応援の意味合いを持った作品をネット上で発表することです。私たちはその年の2016年から絵を描いてせめて気持ちだけでも伝えたいと思い投稿してきました。

↑2016年

↑2017年

復興支援を表明するような芸術作品を作る人達は多いとおもいますが、このような活動に対し売名行為だとネガティヴな反応を示す方々もいるのも事実です。

売名行為では無い事を示す方法は難しいですよね。
売名でないと説明しようとすればする程、
「必死か!」とか言われますもんね(_ _).。o○

私たちの場合はそもそも存在が知られていなので売名も元も無いのですが(*´-`)

先日、テレビのニュースで熊本城マラソンなるものが行われたことを知りました。1万3000人のランナーが参加し、復興を願うイベントともなっています。2012年より開催されているので、復興の意味合いを持ったのは2017年からです。テレビインタビューに答えていた人たちは

「頑張ってる熊本を見れたら良いな」

「みんなに笑顔を届けたいな」

と全国各地から様々な思いを持って参加されているようです。
参加されていた方々にはコスチュームに身を包んだ人たちもおり、純粋に走る事を楽しんでいたと思います。

これを見て思ったのは、復興応援する人達が楽しみながら、出来事を忘れないように活動を継続していくことが大事なんだということです。

今何も無い私には復興応援の作品を作る製作活動を楽しみながら続けていくことが復興を願う事を示せる方法の一つだと思っております。

これからも製作を楽しみながら、出来事を忘れないように、復興応援活動を私たちなりに続けていけたらと思います。

見て頂ける人たちにはついでに私たちの成長過程も楽しんで頂けたら幸いです( ´ ▽ ` )ノ

2018年


#マンガで報道局 #復興 #イラスト #絵 #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

san

絵本や漫画などの作品を作っております。CG作品も作ります。『おだんごせいじん どんなひと?』『はじまりのおひるね』『受験生あるある漫画』 『解放宣歌』 作san 絵イーフット
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。