朝ごはん

はじめて朝帰りをした高校3年生の春休み。

ぼんやりと痺れた頭であるく帰り道。
なんだかまだ帰りたくなくって。

誰もいない朝の動物園の門をくぐった。
おばあちゃん象のはま子はりんごを美味しそうに食べていた。

柵の前のベンチに座って、くしゃくしゃの袋に入ったチョコレートを取り出す。
はま子と一緒に私も朝ごはんを食べた。

キラキラした朝だった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

すごく励みになります。ありがとうございます。
3

小俣 荘子

わたしをかたちづくるもの

「私の形」をテーマに創作したものがたり #エッセイ #小説
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。