A4たて_表面__更新済み_-01

イベント担当必見!「おばけ屋敷」の作り方

こんにちわっしょい!
みなさん、おばけ屋敷は好きですか??
おばけ屋敷は行くより開催する方が大好きな加藤優子です。

オマツリジャパンでは今までに何度か空き部屋や空き店舗を使っておばけ屋敷を手作りしたことがあり、ここでは「初心者でも制作でき、子供も楽しめるおばけ屋敷の作り方」を、経験を元にお伝えしようと思います。

開催すれば必ず大行列になるくらい大人気コンテンツなので、お金をかけなくても、もっとお祭りを盛り上げたい!という方はぜひチャレンジしてみてください!


お化け屋敷に最適な建物とは?


1、ワンフロアで、危険につながる障害物がない部屋!
2、入口と出口を作るため、出入り口が二つある部屋!

上記2つは必須です。
また、階段の下りがあると、子供が焦って転んだり落ちてしまったらとても危険なため、NGです!
お化け屋敷は薄暗く、子供達も驚いてどこかにぶつかってしまう恐れもあります。危険のない部屋を選びましょう。
どうしても上り下りがある場合は、エレベーターを使用するようにしてください。

用意するものは?

・部屋を迷路状にするためのパーテーションが楽です。
こういうもの
パーテーションがない場合は会議用テーブル&ダンボールなどで道を作ります。こんなかんじ。


壁は濃い色や黒っぽい色の方がいいため、黒シート(農業用ビニール。こういうもの)が便利でした!

壁は子供達が驚いてぶつかっても倒れないようにしっかり固定してくださいね!

・宣伝用ポスター

・並んでる間にストーリーを理解できるように、回覧できるリーフレット

・人が驚かせる場合は、おばけ衣装など

・ほか、怖いグッズなど必要であれば(こういうもの
でも、怖いグッズを設置するのは最小限でOKです!
薄暗かったりする時点で十分怖がってくれます。

・怖い音楽、音楽プレーヤー(こういうもの

・参加賞のミニおかし
最後にちょっとしたお菓子のプレゼントなどあるとほっとして喜んでくれます。高価なお菓子でなくてもいいんです、アメとかラムネとか、チョコとか。

・お化け役や裏方のシフト表、動き方のマニュアル
余裕があれば、作っておくと安心です。

来場者を楽しませてあげよう!という気持ち!
これが一番大事かもしれませんね!


設営にかかる所要時間は?


教室くらいの広さでも、大人4人がかりで6h以上かかります!
当日ではなく、前日までに準備完了できると余裕を持って望めます。

恐怖ポイントの作り方

・事前のストーリーに力を入れる
どんなお化け屋敷もストーリーがあります!楽しんで考えてみてください。
オマツリジャパンで考えたストーリーは下の方に添付しておきました。
ここまで怖くなくてもいいですが参考ページ)

・手を入れて中の物を取らなければならないポイントを作る
穴に手を入れる、、、というだけで何かされそうで恐怖なはずです!
特に穴に変な細工をしなくても怖がりながら穴に手を入れてくれます。

・もし細工ができる場合、穴の向こう側に裏方を一人スタンバイして、穴に手を入れてきたら一滴だけ、スポイトなどで手の甲を水で濡らすとびっくりしてくれます!

・穴を覗かせる
穴を覗くのも何かされそうで怖がってくれます。
穴の奥にキーワードなどを書いておくといいと思います。

・突然大きな音がなる
ドアをバタン!と閉めたり、ダンボールを叩いたりすると大きな音でびっくりしてくれます!

・怖いBGM
人間は目よりも耳からの方が恐怖を感じやすいらしいです…!

・振り返ると誰かいる
単純にびっくりします!

コツは?


・回転をよくする
来場者の回転が悪いと不必要に並んでしまい、さばくのが大変になってきます。3分おきに1組が出てこれるぐらいのオペレーションがいいと思います。
ポイントは暗くしすぎないことと、ゲーム要素は難しくしないこと。
暗すぎると危ないので、明るくはないが周りはよく見えるレベルの暗さで十分です。
一度暗すぎるお化け屋敷を作って、子供達が怖すぎて一歩も前に進めず回転効率がものすごく悪かったことがあります。怖がらせすぎないように、楽しい思い出にするようにしましょう!
ゲーム要素は、会場内の何かを集めるとか、どこかに書いてある呪文を覚えてくるとか、すごく簡単なものがいいです!

・広さによりますが、1フロアに2-3組くらいまで入ってもらうといいと思います。パーテーションなどで曲がり角を多くすることで先に入った組の姿が見えないようにしています。

・入口にのれんをつけるなどして、並んでいる人から奥の様子や先に入った人の様子が見えにくいようにしました。

・来場者に触れてはいけない
近付くけれども触ったりしないようにしましょう。

・並んでいる時からおばけ屋敷は始まっています!並んでいる時にストーリーを理解できるように、回覧できるリーフレットを作っておくといいです。
こんなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いかがでしたでしょうか?

お化け屋敷はこどもも大人も楽しめて、やってる方も楽しい素晴らしいコンテンツです。
来場者の年齢層に合わせて内容を変えてみてください。
色々と用意をするのも大変ですが、来場者は必ず喜んでくれますのでぜひチャレンジしてみてください!

この日は大雨だったのですが、雨にも負けずたくさんの人が集まってくれ、例に漏れず大人気でした。

お祭りの企画運営&相談はオマツリジャパンホームページからお願いします!

また次回もお楽しみに〜〜!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
日本唯一のお祭り主催者のサポート専門会社の広報です。地域のお祭りのお悩みやお祭りを活用した地域活性化の旬な情報やビジネスに活用できる情報まで幅広く発信します〜。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。